人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2010.4.12 今日が父の命日   

 父を自宅で看取った日から今日まで、あっという間の2年間でした。寒さが戻り、春とは思えない冷たい雨が降っています。今は、80歳の母と同居し、ホンワカしたゆっくりした日々が心地良く流れています。夕飯のおかずが美味しくて、息子は野菜を残すことがなくなりました。母はありがたいです。

 先日、お母様を突然亡くされ、呆然とした悲しみと悔いとともにいらっしゃる方とお会いし、お話を伺う機会を持ちました。たくさん語りたくさん涙を落とされ、私もお母さんはどういう方だったかと伺いながら、気持ちの混沌を外に出すお手伝いをさせていただきました。
 上澄みが出切ると、次の心の層があらわれ、そこを話していくと、更に自分の本当の気持ちが発し出します。恨みもあり、悔しさもあり、もっと愛されたかった思いもあり、怒りもあり、好きなところもあり、嫌いなところもあります。

 話し切ると、自分の言葉が出てきます。何層も何層も、世の中のしくみが汚染した言葉が覆うと、本当の気持ちが見えなくなります。何が言いたいのか、わからなくなります。その覆いが取れ始めると、清々しい気持ちとともに、本当に言いたい言葉が湧いてきます。その言葉を言わせて差し上げるお手伝いがカウンセリングだと思います。

 お母様への思いやわだかまりや悲しみ、という問題のようでも、焦点はそこのようでそこでない、、ご本人が自分になっていない部分、自分になっていくだけ、という視点で聴きます。
お母様の死を通して、いよいよ自分になっていく、今がその時、なのだと思いました。

 私も父の死を通して、いよいよ自分になっていく、という感じを体験しました。わがままになるとか、エゴではなくて、誰かみたいでなくていい、いい自分だけを表すことでもない、ダメな自分を隠すのでもない、全てをひっくるめた自分になっていくこと。

 大事な人の死は悲しいけれど、死が生を際立たせ、生きることに向き合うパワーを貰えるように思います。上手に貰って生きること、亡くなった方への感謝のバトンタッチだと思います。

 今日は、仕事時代のご友人たちが、父の三回忌で自宅へ母をねぎらいにいらしてくれるそうです。 ご友人方によると、父は雨男だったそうです。2年前の葬儀も寒い雨でした。私は、今日の雨、なんだか、父の茶目っ気に思えます。ほらね!と自分の存在を見せているような。

 過去の解釈の上書きを根性論でなく、今と未来が生きやすくなるようにできる日、自分が自分になった日、
だと思います。
2010.4.12 今日が父の命日_d0027507_15292549.jpg

吉祥寺の井の頭公園に向かう裏通りのすみれ。毎年、会いにいくすみれ、です。今年も、ちゃんと咲いていました!会えて、ありがとう。

# by KIREIJUKU | 2010-04-12 15:29

2010.4.9 父の3回忌   

 船橋の父のお墓に身内で行ってきました。桜吹雪の季節なのに、肌寒いせいか、まだ桜は満開でした。ようこそ!と出迎えてくれているようでした。
 
 桜が舞う頃、新芽のデビューが飾られます。葉桜のひとときの自然界の彩りの妙に、心湧き立つものがあります。今年の寒さは、桜も舞うのを戸惑うようで、新芽との、大自然界の新旧交代のイベントもゆっくり楽しませてもらえそうです。
 
 新旧交代は、心の切り替えタイミング、自分の中の安全地帯の良いところと、一歩踏む出す勇気を点検する絶好の機会と私自身に問いかけるこの頃です。結果か理由か、本当に得たいもののために会話を使っているか。

 未来が今の自分を呼びにきてくれている感じです。さなぎ、は自分が蝶になって大空を舞っているなんて、過去と現在からは想像もつきません。あひるだと思い込んだ白鳥のヒナは醜いと嘆きましたが、ある朝、自分が白鳥になったことを知りました。未来になるのは、「自分」そのものなのです。

 誰かになるためでも、誰かモデルを真似するという視点ではなく、本筋に置くのは「自分になっていく」ということ。内在した自分自身の源のパワーに出会う時、涙が落ちます。安心の安心の安心の居場所は自分の中にあり、自分研究で手にしていただきたいテーマです。私も探求の旅の途中、ご一緒に自分研究してください。

 事務所の前のホテルには3本の桜の木があります。冬の間中ずっと枯れ木なので、本当に桜かなと忘れてしまいそうです。そして、今、満開の桜の花と葉と、大自然の摂理の中で、桜は桜になるのだと思いました。

# by kireijuku | 2010-04-09 17:47

2010.4.3  待ちかねて 天に舞い咲く しだれ桜   

 4月1日に、もう待てずに、井の頭公園に行ってきました。あの、しだれ桜に会いに。池の脇の3本串ダンゴを売っている売店のベンチの隣の「あのこ」です!
2010.4.3  待ちかねて 天に舞い咲く しだれ桜_d0027507_13441295.jpg

# by kireijuku | 2010-04-03 13:43

2010.4.2 今日の講座近況   

2010.4.2 今日の講座近況_d0027507_1758672.jpg
 今日明日でカラー心理カウンセラー養成講座を開催です。今朝は、突風で名古屋から新幹線でお越しの方が少しおくれそうと連絡ありましたが、さすが、ぴったりの到着でした。

  急なお申込みご希望の方がいらして、遅れてもぜひタイミングならと、合流しました。ぴったりのお相手でした。白いセーターにベージュのチュニック、驚くことに同様な色とファッションのお2人でした。私も毎日グリーンの濃淡スーツなのに、今朝は白いスーツが着たくなって着替えたら、3人揃って白でした。

 白はリセット、潔さ、高い理想。そのような目標をイメージした講座がスタートです。毎回、ご参加者の皆様のお心が講座を育ててくださいます。

 今日はお2人とも、別々のカラーボトルをマスターしている方。最初は、カラーボトルのセッションのコツを、具体的に、言葉と、聴き方と、会話の細部まで口伝し、身につけていただきました。すぐに使える根幹をご提供し、お持ち帰りいただきます。参加者が生み出し、私がご要望に応えます。12枚のカラーカードの流れは、どのカラーボトルとも融合でき、聴くコツ、お話いただくコツ、たくさん使える、と喜んでいただきました。

 ランチ休憩でした。ダイナミックに再開します。あっという間の7時間と言われます。

<続き>1日目を終了しました。夕方からは12枚のカラーカードを使った実習です。今日は、私が1枚+1枚+1枚という基礎編。明日はストーリーで行う流れをマスターしていだきます。お2人とも、とてもいい感じでした。
 自分らしくおこなうこと、なのです。やり方、だけにとらわれてしまうと、目の前の人から意識が離れてしまいます。ご参加者が「今までツールにこだわって気になっていましたが、大切なのは人なのだ、という原点を思い出しました」と語られました。
 
 それぞれのカラーセラピーはとても素晴らしいシステムです。これをご提供された先生方の教えを大事にして欲しいと伝えました。カラーセラピーをこういう形で普遍的に展開し、多くの方への貢献の仕方を具現化されていること、心から尊敬の思いでいます。

 その上で、カラーセラピーのプロセスに、カウンセリング技法を入れることで、セラピストの皆さんが、自分を頼りにできるようになります。ただし、長期間のカウンセリング勉強は、勿論これからも学びは生涯学習ですが、実践で使えるには時間がかかるのです。
 
 2日間でどこまで?、されど2日間で、傾聴が飛躍的にのびる講義内容を開発しおこなっています。
カラーセラピーを社会的認知の実力を持ったセラピストとして、自信を持って、周りの多くの皆様の結果の出るカウンセリングにすること、その一助をご提供できましたら幸いです。
 
 カラーセラピーを日本に導入され、セラピストの道をを切り開かれた、先達の先生への感謝を思います。私も学び身につけ今があります。感謝です。28年間のカウンセリングの学びを通して、私ができる位置で、できる貢献を、これからも学び続けながら、おこなっていきたいと思います。 サブテキスト「人間関係が楽になる会話心理学」(日本医学出版)「幸運を引き寄せるカラーセラピー」(新星出版社)

2010.4.2 今日の講座近況_d0027507_19373781.jpg

# by kireijuku | 2010-04-02 15:03

2010.3.31 目黒川 桜四部咲き     

 毎朝、自宅から目黒駅の事務所に来る時に、目黒川の上を電車が渡ります。この季節は、桜開花の実況中継ができるほど、目黒川に桜の天井ができる刻一刻の風景の推移が窓から見えます。
 あっという間に通過する感じも気分上昇にはもってこいなのです。

 今朝はたぶん4部咲き。日あたりに応じて、これからは一気に場所ごとに咲き競う桜花の宴に酔いしれることができます。気持ち一新、天の恵みに感謝する日々です。

 今日は毎年恒例の吉祥寺井の頭公園にお花見に行く予定でしたが、週末まで期待を込めて待機。4月まもなく、父の3回忌を迎えますが、亡くなった2年前の3月末にも、井の頭公園で桜の枝を拾って枕元でお花見しました。その時の桜です。気に入った桜の枝があるので、今年もご対面に行くのが楽しみです。
 
 花びらは白に近いのに、集まるとピンクになって、「1人は全体によってあり、全体はひとりによってある」、という、私のカラーカウンセリング哲学に同じ気持ちです。ピンクはピンク以外の、太陽光に含まれる全ての色が注がれたピンク以外の色を吸収し、ピンクだけが反射している状態。
 つまり、ピンク以外の、様々な色によってピンクは存在し成立し育まれている、と感謝を思います。
 まるで、人間に似ています。私は、私以外の全ての人に支えられ、存在に「有」を与えていただいています。
 
2010.3.31 目黒川 桜四部咲き  _d0027507_1473232.jpg

 

# by kireijuku | 2010-03-31 14:06