2018年 12月 04日 ( 1 )   

近況 第1回公認心理士試験合格 2018.12.4   

2018年も師走となりました。池田朝子です。ブログに書くのは久しぶりです。年も重ねました。近況として、今年の目標のひとつが叶い、感謝の思いでご報告致します。第1回公認心理士の合格通知が、12月3日昨日届きました。ホッとしました。

心理職の国家資格化は長く討議されてきた歴史的背景があり、第1回の試験に関しても様々なご意見がある中と思います。
私は、20代の編集者時代にカウンセリングを学びはじめ、30年以上がたちます。長く心の相談を仕事にしてきましたので、自分が今までも今もこれからも自己研鑽し続けることの誓いを込めて受験しました。
5月の連休5日間の現任者講習の受講を経て、9月9日受験日当日まで、様々に工夫し、日常の勉強とはまた別の形での試験勉強を、日々の仕事に組み込んで行いました。歳を重ね記憶力も低下、徹夜は翌日にこたえ…、早朝の勉強中心…でしたが、勉強のコツをつかみ、楽しさや目標を持つことによって湧きだす力、などを実感しました。

この数年は現場での相談業務で実践力を鍛えること(1ヵ月約100件の電話相談など)、勉強することが主でした。キャリアの学びとして、30代で取得したシニア産業カウンセラーに加えて、CDA(キャリアデベロップメントアドバイザー)、2級キャリアコンサルタント技能士、国家資格キャリアコンサルタント、を得ました。医療福祉経営修士を得た大学院は卒業して10年たち今も勉強に通っています。そのおかげで、大学のキャリア開発論の授業の担当、メンタルヘルスケア記事の連載を執筆など、仕事の幅が広がりました。

人生100年時代と言われます。私も20代のファッション雑誌編集者、研修講師、30代の通販カタログ作成、子育て時代、40代からの会社運営と相談室主宰、40代後半から大学院での学び、介護と看取り、息子の夢へ。
そして、50代後半で今回の心理職の国家資格を得て、いよいよ60代以降、どのように社会で微力でもお役に立てるか、また目標、夢を抱いてワクワクと進んで行きたいと思います。
今まで出会った多くの皆様から育てて頂き、学ばせて頂き、現在の自分がいます。
本当に嬉しくありがたく、恩返しは今目の前のお一人を大事にと。
心より御礼申し上げます。

ホームページの更新も無精で申し訳ありません。現在は企業などでの相談、講演会、執筆中心で、個人相談は、ご依頼の方へは、カフェカウンセリング(90分¥4500)を承っております。試験対策もご支援致します。1回で十分な体験と言われます。日程調整のお問合せは、asa@kireijuku.jp、又は asakoikeda39@gmail.jpまで。

[PR]

by kireijuku | 2018-12-04 09:25