6.20 大阪へ日帰りで行ってきました!   

 大阪は私の尊敬する素敵な女性が住んでいます。会いたくなって仕事と合わせてお昼の新幹線に乗りました。お仕事帰りの彼女との、夕方待ち合わせまで、大阪探検するのも楽しみに!
 大阪は20代の時に研修会社を仲間と運営し、念願の大阪にも根拠地ができ、月何回も往復していたこともあり、大好きな場所です。大阪の皆さんは鋭く本物かどうかを見抜かれます。人間としてウソがないか、格好だけのハリボテではないか、と。そんな皆さんとかかわりのおかげで自己一致という概念を頭だけではなく、身に染めたい!!と意識し大事にしてこれたのだと思います。
 さかのぼれば、MCシスター編集者時代も大阪ファッションに憧れて、たくさん取材にも来ました。特にアメリカ村はサーファーだった私のファッションの先生で、興奮して歩き回ったものです。フラフラしていたら、その辺りにいて、三角公園があって、もうすっかり浦島状態でしたが、良い若い時代だったな、とふるさとウォークしました。
 今回大阪の初びっくりは、エスカレーターが右側にみんな並んでいたこと。いつも通り左側で止まって乗っていたら、あれ!!つくづく常識って自分の狭い枠でもあると思いました。さらに、びっくりは、電車に乗れば隣の杖をもたれた年配のご婦人2人がものすごくしゃべっていること。聞こえてきたのは、店の店員の話し方への文句文句!しゃべるはしゃべるは止まらない、そして、聞くバランスもうまいから、お互いが止まらないのです。見事な会話のテンポに大阪魂を感じました。
 夕方、友人にお好み焼きやさんへ連れて行ってもらい、美味しかった~!そして今日の体験を話したら、「大阪人は文句言えなきゃ生きていけない」「息子が新入社員として一言を言うのに、笑いとらにゃあかんから頑張った」と報告した、という、まるで、よその国にいるようでした。
 自分の気持ちが上手くいえなくてストレス、という話が多いところから、ぽ~んと飛びたてました。罪悪感、恐れから飛び立つための、様々なかかわり、いつも新しい視点を探し探求しています。個人セッションでは、その呪縛からの解放をおこないます。
[PR]

by kireijuku | 2007-06-21 12:45 | 実施セミナーレポート2007

<< 7.27 再就職支援会社で「ハ... 6.14 バラの花束 >>