2013.9.2 近況 武蔵小山へようこそ(*^_^*)!   

 新しい場所は、JR目黒駅から東急目黒線で2つ、南北線、都営三田線で直通でお越しになれます。お客様方から、隠れ家基地みたい!と言われ、嬉しい思いの一致です。

 8月中旬より、隠れ基地カウンセリング・ルーム、ゆったりスタート致しました。駅から2分なのですが、いきなり静まりかえたスポットがあり、その一角です。今、皆様を武蔵小山駅までお迎え、お見送りにご一緒しています。つい、地元紹介に力が入って(^_^;)、パルム商店街で道案内や立ち話に熱がこもってしまいます。
 
 東京でも珍しい長い長いアーケードの商店街と、小山温泉はぜひ抑えて欲しいし、カウンセリングルーム並びの「ハイマットカフェ」のランチは、手作りデリやパスタ、どれも飲み物セットで美味しくておしゃれです!

 お越しになる方、皆さま、不思議と転機の方です。私もこうして人生の設計図を書き換えて、次を目指し計画して優順位から実行していますと、お互いの引き寄せパワーなのか、1時間でも十分に目当てが見えてきます。

 私の本を読んでお越しくださる皆様、どうぞ、盛りだくさんに1時間をご提供しています。ぜひ、お気軽に遊びにいらしてください。講座を受講して頂いた皆様、フォローアップ、お好みで行わせて頂きます。感謝価格は当分続けます、私の地元まで足を運んでいただき、この人生の大転換期を生き延びる重要な時期、心を尽くして関わらせて頂きます。

 ★今、問題や課題があるとしたら、「原因」ではなく、「目的」を見ること。本当に欲しいもののために命を使う人生へ。無意識に、本当に欲しいものではないもののために命を使っていることが多いからです。
 そして、それも、自分を責めることなく、反省はしないでください、とお伝えしたいです。たまたまのしくみ、癖、サラサラと点検して修正、新しい会話を増やすだけです。

 平日の「カラー心理カウンセラー養成講座
 9月18(水)・19(木)を予定しています。

 
[PR]

# by kireijuku | 2013-09-02 08:31

2013.8.25  10周年感謝・60分¥2、000ご好評ありがとうございます   

 懐かしい方と再会できて嬉しい思いでいます。新しいカウンセリング・ルームは、同時に、私自身のとても懐かしい思いを味わえ、原点のパワーや愛をチャージし叶えてくれている場所になりました。そう、狭い部屋ですが、中が2階建てで、階段上がった2階にお越し頂きます。
 バリの絵を飾れるだけ置いています。どれも、ウブドのギャラリーで見つけ、日本に持ち帰って額装したものです。

 今から30年前(考えられない年月!ついこの前のようなんです、本当に!)、20代前半から何十回も行ったバリ島。私の親友が、素敵な水着ショップ「NOANOA」を何店舗か経営していました。決して最初からそのお店は出来上がっていたのではなくて、彼女の1歩1歩の道のりは、もう努力努力の連続でした。会いに行くのが楽しみで、最も楽しみなことは「会話」することでした。

 ヤシの木陰の砂浜で、風が抜けるカフェで、山々に囲まれた温泉で、渓谷の隠れレストランで。会話くらい楽しいものはない、観光、買い物、どれもワクワクですが、そこに素敵な会話があることが、極上の時間を堪能できます。

 そんな若い頃、よく泊まっていたコテージは、どこも、真ん中にプールがあって、周りを何棟かの2階建てコテージが囲んでいる設計。仲間で泊まると、朝はおのおのそのベランダでくつろぎながら、プールを挟んで会話や、早朝スイミングや、朝食。

 2階建ては1階がトイレとシャワー、すぐに階段があって、2階にベッドルームと必ず広いベランダに籐椅子とテーブル。見晴らしがよくて、ヤシの木が風に揺れて、そこでくつろぐと、忙しかった仕事の日常からはるか彼方の楽園の気分にワープできました。

 そこで、親友とも多くの友人とも未来を語り、夢を語り、愛を語りました。生き方に迷い、理想を求め、将来を相談し、そして、たくさんの励ましと応援と勇気をお互いにチャージしあいました。

 昼間の灼熱の太陽も、木陰の風も、鳥のざわめきも、鶏や犬や牛の鳴き声も、波の押し寄せる轟も、すべてが、エネルギーとなりました。夜の南十字星、真っ暗な土の道路、夜の通りを懸ける馬車。屋台のナイトマーケットや、喧騒の繁華街も、静寂と混沌のバランス、ハーモニー。

 10周年にあたり、私はなぜこの部屋と地元で出会えたのか、なぜバリ島への思い出が、懐かしい過去というよりは。未来へのエネルギーとして湧いてきたのか!?
 きっと、また、未来をデザインする転機のスタートかなと思います。あと10年後、形になったときに、ああそうだったのだと謎が解けるのを楽しみに未来を創作していこうと思います。

 近々、ここへお越し頂ける皆様方も、きっと転機の時。ごいっしょに素敵な未来を設計する1歩を。
 お気軽に、2~3候補をお知らせ頂き、遊びにいらしてください。
 未来の扉が開けたら、おもしろいです。
 心よりお待ちしています。ASAKO
 
[PR]

# by kireijuku | 2013-08-25 11:45

2013.8.23 ASAカウンセリング研究所、10周年の感謝を込めて¥2、000(*^_^*)   

 早々に武蔵小山駅のカウンセリング・ルームにお越しくださった皆様!ありがとうございます(*^_^*)
JR目黒駅から東急目黒線で2ツ目、急行ですと1ツ目です。東急目黒線も武蔵小山駅も初めてきました!という方ばかりで、近いのに穴場が多い街で、なかなか面白く、皆様ちょっと探検モードです。

 武蔵小山駅を降りて左側は品川区、パルム商店街という長いアーケードがあり、朝のワイドショーでちょくちょく奥様インタビューが登場する場所で有名です。なんだか私も答えたらテレビに映ってたよ、と言われてびっくり経験あります。買い物袋下げたおばちゃんです…

 駅の右側が目黒区、ここにある小山台高校を曲がった2分の場所が新カウンセリング・ルームです。驚くほど静かな一角があります。表参道でスタートして10周年、今までお越し頂いた皆様、初回の皆様も、感謝を込めまして60分¥2、000で承ります。
 心理カウンセリング、キャリアカウンセリング、センセーションセラピーとカラー心理カウンセリングの復習、お好きな内容をご希望ください。好評で嬉しいです。ご都合良い日を2~3教えてくださいませ、日程調整いたします。

 品川区からのご要請を頂き、10月に「パパママ応援プログラム 思春期~青年期コース」~思春期を越えて育ち合う親子関係~という講座の第4回目て講演いたします。精神科医、心理学科の教授の皆さま方とご一緒で僭越ですが、ありがたいことに、私が今後最も取り組みたいテーマです。
 
 私の当日のお題は「会話で子供の未来をつくる~受験期の子供との接し方~」です。この10年間は、ちょうど思春期の息子に、当たり前のように、最初に書いた著書「人間関係が楽になる会話心理学」 (日本医学出版) を、子供に実践した10年です。結果はまだ途上ですが、息子も私もhappy(*^_^*)大成功です。
 講座では、 「親子関係が楽になる会話心理学」という内容で効果のでる具体的なお話をさせて頂きます。今後、続編の本を書こうと思う内容です。

 これは、品川区主催ですので、品川区民先着50名(>_<)!
 今後、どこでもこれはご提供して行きたい内容です。子供は宝です。お母様方が必要以上の苦労をされずに、子供の得たい結果を応援することができたら。ズレとズレ、自分の親から受け継いだ会話の連鎖を転換すること…技法として会得すること…誰でも今から実践できること…ご一緒に研究していきたいライフワークです。

 ASAカウンセリングルーム、実は先日のカラー心理カウンセラー養成講座の皆様と会話していて、素敵なことに気づきました。小学校時代、女の子だけで山に基地を作りたかったというお話でした。息子に部屋を見せたとき、「ここはお母さんの基地だね」と言われました。そうか~私は、武蔵小山に基地を作りたかったんだ~
と。女は、山に基地を作りたい、ちょっと哲学的です。
[PR]

# by kireijuku | 2013-08-23 08:39

2013.8.16近況 ものすごく久しぶりに!お知らせです   

 こんにちは。書いていないうちに月日はあっという間にたっていました。
 最近は白いボトムスにターコイズブルーのTシャツが気持ち良いです。紺色もやはり快適。私にとって、今年の猛暑を乗り切るありがたいお助け色です。
 
 お知らせです。

 8月、目黒駅の今までの事務所を移転しました。
10年前に表参道のディオールの裏手の小さなカウンセリングルームからスタートしました。2年後に土地開発で移転し地元の目黒駅へ。そして、目黒事務所は早いもので8年たち今回の更新にあたり、さらに地元の武蔵小山へ来ることにしました。息子が高2、受験モード突入で、私ができることは夕食ぐらいなもので、あと2年の大学生まで、会社の本店にしている自宅と往復走って3分、の場所を選択しました。
 カウンセリングルームとしてお客様がいらしたとき用で、こじんまり~したお部屋ですが、ちょっと面白い構造ですので、お越し頂いたときのお楽しみに!

 近況としては、時代の流れの中で、あらためて1年間勉強し直しておりましたキャリアカウンセリングの資格を取得し、受験相談、就職相談、なども、私自身の実体験と、多くのお客様との関わりから、心理相談と組み合わせて行っています。
 ※CDA(キャリアデベロップメントアドバイザー)の資格試験の対策も挑戦されている方のお役にたちたいと思います。一次試験の勉強の情報、2次試験の面接のヒントなど、私自身&お仲間からの体験談◎です。

 高校受験生のお母様と私が、お子様や息子に会話心理学で勇気づけしました結果は、本当にきちんと合格という結果ででました。本人の努力はもちろんですが、子供の夢を叶えるための最大の応援はお母様の会話次第だと確信しています。  
 勉強は学校や塾ですが、子供が夢をつかみたいという気持ちを高め持続させるメンタルはお母様の腕次第ですね。ご一緒に研究会を開催し、結果を掴むチームを作れたらと思っています。子供を本当に未来へ大事に(邪魔はしないで(;_;)送り届けてあげたいです。子供は信じられないくらい、化けます、本気で欲しいと思えたら!

 今年から、電話カウンセリングを始めています。他社でもスーパーバイズを受けながら的確な電話でのメンタルの相談に取り組んでいます。遠方の方、気軽に取り急ぎ気持ちの整理やヒントを得たい方に。

 個人セッション、講座、いづれにもカラー心理カウンセリングのツールが自己分析として最適です。様々な分野のセラピストの皆様にご活用頂けたらと、更にバージョンアップでご提供したいと思っています。
 今後、更に新しい形、受講しやすい時間、費用を設定し、お気軽に受けて頂き、結果を手にし頂けるよう、心を尽くしてご提供していきます。

 ★今まで、私から、どのような形でも受講してくださった皆様へ。
 きれい塾設立10周年の感謝を込めまして、個人セッション、ご友人を誘われてご一緒に、ご紹介受けられた方、60分お一人¥2、000でご予約を承ります。(電話カウンセリングも同額。※メールでの後日フォロー不要の方)
 カラーを導入にした各種カウンセリング、色彩コミュ二ケーションワークで、仕事相談、起業、人間関係、自己理解、親子関係、に価値ある使えるセラピーをご体験ください。

 (*^_^*)新しいカウンセリングルームの面白い場所体験、すぐ近くのお洒落なハイマットカフェのランチ、反対側の武蔵小山パルム商店街、東京で名高い鉱質の天然かけ流し小山温泉、ワクワクぜひお越し頂けましたら嬉しいです。
 お会いしますのを楽しみにしています。 ご予約は、asa@kireijuku.jpまで。

 この10年、あっという間でした。私は、母が乳がん、父が食道がん、父の自宅での看取り、母の再発を体験。その渦中で離婚、47歳で大学院へ入学し修了、父の死を通してがん患者の家族としての研究テーマ「がんで逝くひと、送るひと」が修士作品として発刊できました。
 何か、不幸とか悲しいではなく、起こることに真っ直ぐ向き合い、過ぎていくものと上手にサラサラと通り過ぎて、その都度腹が決まる、揺らがない芯が太くなる、という体験をしています。 
 それを基盤に作る未来、不安よりも希望がますとき、10年前に自著の会話心理学で書き、講座で語ってきたことが現実になり、確信になっています。
 多くの方に支えられ、励ましていただき、ご一緒に探求・研究してこられた結果です。皆様に心より感謝を込めまして。ありがとうございます。今後も少しでもお手伝いできること、貢献できることに向かいます。これからもよろしくお願いいたします。ASAKO
[PR]

# by kireijuku | 2013-08-16 11:28

2013.5.20 樋口惠子先生   

 83歳ながら、あの樋口節は健在!大学院のゆきさんゼミで、贅沢にも10名ほどで、公開講座の前に1時間半ほどの質問会でした。私が最も胸に響いたことは、樋口先生が、若い頃、喉に刺さった骨の話。本当の魚の骨ではなくて、男性の言葉がグサッと骨として喉にささったまま、何も言い返せずにすぎた20代の話です。

 その後、卓越した話し方で多くの皆様を感動と尊敬に巻き込まれる先生は、30代のころ、「あのとき、こう言い返せばよかった!」と思いつかれたそうです。
 その内容とは。

 先生は時事通信社に入社され、若い女性ということで、仕事は干されても夜の宴会は引っ張りだこだったそうです。ある日、男性が「ババァがいるのにジジ通信」と笑ったそうです。その時、若かった先生は、自分に言われたのではないが、あと10年いたらこう言われるので、なんと女性蔑視かと。
 そして、その思いが喉に引っかかったまま、時は流れ、30代にして、言い返したかった言葉を思いつかれました。それは、「ジジィがいるから時事通信!」

 ははは~、このユーモア、怒りの直行でもなく、声を荒げるのでもなく、的を得たセリフ!

 「言葉の魔術師」とゆき先生が名づけたその日の講義名もさすが!ですが、なんとも、女性として素敵な可愛い知性と創造性、に感嘆!

 樋口先生は、その喉の骨のひっかりを決して忘れず、女性の地位の向上へ先駆的な改革をたくさんされ、30年前には「高齢社会をよくする女性の会」を発足。介護保険もまだない時代に、嫁と娘だけが影で苦労する時代からの変革を訴え行動され、時代を変えてこられたのです。
 
 
  
  私は、やはり、自分の小さい頃からの会話ベタで、喉に骨がささったままの生きづらさから、自分が編み出して自分を変えてきた、誰でも簡単に脱却できるコツをまとめ、
 「人間関係が楽になる 会話心理学」の本を書いて早10年(日本医学出版)たちました。
 
  今も、様々な医療系の学会で販売して下さり、必ず売れるとの嬉しいお話。
 
  樋口惠子先生の講義に発奮して、続編を書きたくなったのでした!
[PR]

# by kireijuku | 2013-05-20 11:12

2013.5.18 近況~あっという間に!   

 今朝、全米の中高生の~12%が精神疾患、というニュースを見ました。
どこからどこまでを精神疾患というのか、思春期の子供が紙一重で危ういのは、我が子でも体験していますが、だとしたら、1歩手前で、或いは、幼い頃から、そういう傾向がある子供であっても最善の成長を祈って、子供への関わりに心を尽くしたい、そう思う大人&母親の一人です。

 ブログは、書けたら書こう、書けなかったらそれもそういうもの、と思っているのですが、さすがに、3ヶ月以上書かないでいられる無愛想さに我ながらびっくり。
 
 必ず書かなければ、というのは、余り自分自身にとってよくないのを知っているので、それは、うまく書こうと演出したくなったり、気持ちの発散に過ぎなくなれば失礼(なってますな~しばしば)、と思う私の問題です。

 遠方より、カラー講座開催にあたり、流れやトークを学ばれる方々、教育関係の皆様方、お会い出来ましてありがとうございました。
 まもなく、カラーを取り入れた看護教育のセラピーの教科書に、私の文章が一項目掲載されます。カラー、カウンセリング、講座開催など、お役に立てる内容のオリジナルな開発、これからも地道に学びながら創作していきます。

★近況
 ①毎年、大学院の指導教官のゆき先生が開催する「えにしの会」は、メールでオープンし1日であっという間に300席が埋まってしまうという驚異の参加率で、キャンセルほとんどなし。内幸町のプレスセンターでの1・2部、引き続き、第3ん部の内幸町ホール総合の受付・会計を今年も担当させて頂ました。
 冤罪がテーマの講演会は村木厚子さん、まだ未決着の岩川さんご夫妻も登場、高校の研究テーマで冤罪を調べようとしている息子も、ありがたく端っこで聞かせていただきました。
 

 ②昨日は、息子の高校の運動会が東京体育館で開催されました。現在、本校舎が改修中でグラウンドが使えず、くじで当ててくれた先生のおかげ日傘なし快適でした。9時半~16時半まで、私はなんと外にも出ず、お弁当を食べ、お母さんたちと感動して見ておりました。
 
 
 この運動会の毎年の特徴は、練習は1日もなし、全く本番だけという驚きの開催です。そして、さらに今年は初めての会場でしたが、全く何の問題もなく、不手際で伸びることもなく、生徒だけで準備・運営・進行、16:30終了後は、会場代が増えるのを絶対避けるため、係りの呼びかけに応え、生徒約1000人は5分で外へ撤収したそうです。(息子は体操着の上下の上から制服着ていました→今朝洗濯してしげしげ見ましたが、体育着の上は、各クラスが作製したオリジナルTシャツなので可愛くて、本当にたまげています)

 内容は、感動の連続。応援合戦もすごい!練習はいったいいつしたの?究極は3年選抜リレー!この抜きつ抜かれつの真剣勝負を全員が応援と歓喜で参加し、終わるやいなや迫る定期テストに向かう、その前に夜は打ち上げ!この切り替えのすごさ~。

 子供の計り知れない潜在能力と可能性の開花、その邪魔をしない大人にならなきゃ~と思うばかりの1日でした。すべての子供たちに尊敬、尊敬、感謝、感謝、です。

 ③子供といえば、夜回り先生で有名な水谷 修先生の講演会が、目黒区のパーシモンホールでありました。中学のお母さん友人と3名で参加、身に当てはまることに頭を下げ、おこなっていることにはホッとしました。
 

 たくさんの子供たちの危機を伺い、たくさん涙を流している子供たちを思うと、何がもったいな~いって子供です。、本当にモッタイナ~イ、どうしようもないくらい、もったいない子供達です。できるところから、自分から、足元から、地域から、何ができるか1歩1歩と。(私のことです)
 未来を拓くのは子供ですから。

 ④以上のようなこともあり、これからキャリアコンサルティングの活動も増やそうと思っています。シニア産業カウンセラーとしてのメンタルヘルスケアと共に、子育ては早期から「幸福になるための戦略」が必須です。間違えてしまうと、幸福とはずれた戦略によって、ある日子供は崩れ落ちます。自分への自戒の思いで書いています。
 
 あ~、長くなってしまいました。
 最後までお読み頂き、ありがとうございました。
 最近は、ずっとベージュ大好き、そして、紺紺紺、にゾッコンです、ちょっとダジャレ~。また!
 ASAKO
[PR]

# by kireijuku | 2013-05-18 13:43

2013.2.5 近況   

 私が事務所以外にご依頼を頂いて相談に出向く場所に、自営業の女性のオフィスがあります。ボディケア、美容、ファッション、アクセサリー、お花、着物、教育の現場、などです。
 女性が仕事をする上で、選択、決断、行動、本当にどなたも最終的に一人でおこなっています。その負荷は体と心に蓄積疲労となっていらしゃることを感じます。

 困ったことや問題を伺っていますと、それだから自分が悪い・なんてダメなんだろう、と自己否定や自己卑下しがちな自罰的な方。それだから、人は信用できない・みんな私を苦しめている、と他罰的な方。大別はできませんが、どの場合も、ストレスを大きく感じてしまうクセを持たれています。

 ご一緒に、そのクセを自分研究していくと、今までも体験したから強化してしまう、呪いのような仕組みを発見します。いい悪い、ではなく、そのクセ、を弱める、或いは書き換える、あるいは、新しく創作するために、認知行動療法では「反証」として、そうはいうものの反対の視点からは見られないか…。論理療法では、自分が幸せになるために、「機能しない思い込みや信念」を書き換えよう、とご提案します。

 ただ、頭では理解しわかっているのに感情は湧いてくるからやっかいなのであり、そう一言で済むわけがなく、傾聴していくうちに、そのようなクセを持って生きていいる自分でさえも良い、という受容の中で、次が書き換えられていくと体験し続けています。

 どんな心理療法、精神療法も、うまく機能するためには、「今」、その癖で生きてこられたその方が、なんて力強く自力で生き延びてこられたか、尊敬の思いで聴けるかという、相談側の作為を超えた人間観の確立との比例だと、つくづく思います。

 聴くことは闘いであると。静かな、静逸なる闘争を、カウンセリングというのかなと思うのです。

※願っていた、医療福祉に関わる現場での心理カウンセリングのお仕事が増え、医療福祉の大学院で学んだことから、専門職の方々への尊敬と、そばで働きたい、という夢が1歩叶いました。
月曜昼間、金曜夕方からはそちらのオフィスで待機します。嬉しい挑戦です。
[PR]

# by kireijuku | 2013-02-04 11:37

2013.1.29 近況、電話カウンセリング   

 昨日は、品川区・西大井の「こうほうえん」という高齢者施設見学へ。田中ともえさんが施設長で、大学院の同じゼミで学ばせて頂きました。田中さんは、おむつゼロ、拘束ゼロ、という施設での高齢者への関わりを実現されてこられた、介護の皆様方にはケアの知る人ぞ知る先駆者です。
 私は全く介護の素人ですが、母も含めて知人が段々年を重ね、親の介護やご自身の病気のことに不安をもたれ、話題とされる中、こうほうえんのケアを見学して希望がわきました。
 高齢になっても、志の高い介護者に出会い、お力を借りることで、尊厳ある暮らしは可能であることを。

 品川区の元小学校の跡地を利用した建物は、シンプルで暖房完備、ランチも美味しく、ともえさんがこだわる生花のが素敵に飾られていて、長時間の介護とは何か、という講義があっというまでした。
 
 日頃の相談同様、どんな危機的状況、過去からのたまたまの出来事、悩みや迷いの中にあっても、人として自分が生きたい人生を生きる尊厳、誇り、の大事さを、深く思った体験でした。

 何事もないこと、はありえない人生です。苦しい、他に選択肢がない、迷って答えが出ない、考えが固まって動けない、先が見えない時であっても、過去と未来の間には「今」があります。
 この「今」をちょっと変化をつけることで、未来の扉は思いがけなく開かれます。
 「今」の扱い方を、「今」変化をつけるきっかけを、自分で必ずつかむことができる、と確信します。

※電話カウンセリングのご要望が多いため、HPには書いてありませんが、お越しになれないご希望者におこなっています。メールでご予約ください(1時間¥5、000。2時間まで) 心の交通整理ができます。様々な視点に変化がつき、固着した「今」の枠が広がります。会話心理学、認知行動療法などを楽しみながら気軽に身につけられ、問題解決に活用して頂いています。心を込めて聴かせていただき、ご提案させていただきます。
                                                            ASAKO
[PR]

# by kireijuku | 2013-01-29 17:57

2013.1.23 近況   

 大雪の日、家にいたら、どんどん降り積もる久しぶりの大雪模様。無性に出かけたくなって、1回目のトライ。透明傘が、横殴りの雪と突風でおチョコになり、針金の骨がグニャグニャ、家から1分のコンビニまでで、レインブーツ滑る滑る!というわけで、あえなく退却し、家に戻り、上下のレインパーカーをダウンコートの上に着込み、テインブーツには以前何かで貰った滑り止めのゴムを靴底にセット。ちょっと雪探検、などと言うのは雪国の方に不謹慎で失礼ですが、この雪さえも知らず味あわず、テレビのニュースだけで、大変だね~とは言い難く、いざ出動しました。

 傘なしで黄色の上下レインパーカーの帽子を目深にかぶって、下向きに、突風と雪が顔に当たらないように歩いていましたら、えっつえっつ、余りの美しさに足が止まりました。吹雪のようなあたり一面の雪化粧の都会で、足元の道に、赤い点点点。歩みを勧めますと、道路沿いの椿の木から、花びらがそこだけ降りしきって、赤・赤・赤・の模様が白い雪に飾られていたのです。

 あの日から、白い雪の道に、その椿の木の一帯だけ、雪を赤い花びらが染めて飾り、私は雪が顔を打ち続けて降りしきる中も呆然と、見続けていた、あの綺麗な赤×白の、自然界の配色が胸に鮮やかに残り消えません。
  寒くても、いつもほこほこ、胸があたたかい、雪の日の思い出です。ASAKO 
[PR]

# by kireijuku | 2013-01-24 11:39

2013.1.2 あけましておめでとうございます   

 今年もよろしくお願いいたします。

 今日2日は息子の誕生日。元旦もあるし、毎年ついマンネリになりがちで誕生日のお祝いといってもお正月の引き続き状態です。
 そして、ふと思い出したのは、昨年は高校受験の勉強真っ只中で、早朝から夜まで冬休み特訓に通っていたし、その前は、ずっと末期ガンの父のことやらで正月という余裕はなく、きっと同様な皆さまも多いことと思います。
 考えましたら、この普通に迎えた久しぶりの大晦日、正月、2日の誕生日、普通にだらだら食べて、ヘラヘラ会話していることの貴重なことといったら!!デレデレお正月っていいなぁと新鮮でした。

 当たり前って、本当にものすごいことなのだ、と2013年の始まりにあたって感慨深いのでした。

 さらに、久しぶりにデレデレ楽しくテレビを見て、今日は「仁」というドラマのせりふがいたく胸に響きました。
 
 主人公に、坂本龍馬が叫ぶ「欲ってものがないのか!それじゃあ、死んだ人間ぞ」みたいな…。自分さえよければの欲というのではなく、龍馬さんは、日本のため、というのもこの世に生まれた自分が何か為遂げたいという欲で、おかげで自分は動けるのじゃ~みたいに言っていました。

 仁さんは、自分は既に死んでいるかも、という感じ、今ここに臨場感がない感じ、に気づくのですが、その後、追っ手に刀で切られそうになって助かり震えている自分に気づいて、怖かったからこそ、今生きている自分を実感するという場面。

 ひるがえって、相談でお話を伺っていると、「これじゃない」「ここじゃない」症候群、にかかっていらっしゃるように感じることが割とあります。現実が納得できないとき、仕事内容や人間関係でここが自分の居場所じゃないと感じるとき、その孤独感、疎外感は大変にツライものです。

 その上で、ある部分のことですが、最近就職や進路のご相談で思うのは、ものすごく、自分らしさが発揮できる場所を探す、それは、ある占い師さんに言われたとか、就職セミナーで聞いたとか、自己啓発の本や、自己啓発のカウンセラーに言われたような場合が多くて苦しんでいらして、もしかしたら、う~ん、何かこの世にないものと比較して期待値を上げすぎた他者からの刷り込みで、焦燥感に苦しんでいることもあるかも?

 テレビで、仁さんが、とりあえず来ちゃった江戸を、ここじゃない、と思うのとは比べられないですが、私が今日感じたこと。
 とりあえず、何もイベントもない正月がこれほどのんびり幸福で、息子が元気でテレビ見てギャハハと笑って16歳に無事成長し、私はビールがあればこれほどの至福はなく、ただのオバさん化とも言えますが、お天気は良いし、旅行に出かけている母は電話で楽しそうだし、これ、これ、これだ~!とルンルンこうして文を書いています。

 そして、文章の脈絡がいい加減ですが、
 その上で、「本当に欲しいものは何か?」という欲、への探求かなと。龍馬さんが言う通り、本当に欲しいものへの欲求はあったほうがいいと思います。そのためには、無意識に、本当に欲しいものじゃないもののために、守るために、勝つために、遠慮のために、自罰のために、必死で命を使っているかも…、というあたりへの点検を。

 2013年、自分が、本当に欲しいもの、へ命を使える1歩へのスタートを。

 自分が幸せになるための自分研究、をご一緒にしていけますことを。
 今年お会いします皆様方と、未来をデザインする会話、を。
 明日3日、が仕事はじめのご予約です。

 変わらないためには、変わり続けるしかない。
 ASAKO
 
[PR]

# by kireijuku | 2013-01-02 16:33