<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

2012.3.21 近況   

 近況1. 私の事務所が入っているマンションに、なんと知る人ぞ知るフランス料理家の渡辺麻紀さんが事務所をお持ちで、その上、お母様の和食のお料理教室はもう20年以上もここでお教室を開催されています。
 NPOの事務局の電通の女性がお嬢様の在籍校でお料理講座の世話人をされ、麻紀先生と出会い、おしゃべりしているうちに、なんとマンション名が一致したという話です。
 
 ありがたいことに、先日、麻紀先生のフランス料理教室に1日体験に参加させていただきました。先に麻紀先生の今日のメニューの内容の説明や、お料理の手順を習いながら、後ろのお鍋やオーブンでは着々と完成に!あっという間に、食事会が開始!今日のお料理に合う白ワインを注いでいただき、1品1品を堪能いたしました。チコリの温かいオードブル(あ~、巻いた生ハムでないう~ん名前を忘れてしまった、事務所にメモが…)、骨付き鶏肉のトマトクリームソースに、完璧な状態の歯ごたえあるひよこ豆ピラフ添え。初物のタケノコとやりいかのオリーブオイルあえ、イチゴのショートケーキはスポンジではなくビスケットの感触のスコーンのような形状に。もう、絶品!
 
 10年も通っていらっしゃる生徒さんもいらして、作り方も簡単ポイントを伝授される技術の高さ、その上のこのお味。お教室は昼夜の時間帯があり、とってもきさくな麻紀先生のお話と、初心者の私もOKの食べる楽しみ大満足!レストランとしてだけでもお願いできるとのこと、ぜひまたうかがわせてください!
※麻紀先生は、最近黄色がとっても好きとのことで、ナプキンの黄色、出窓の黄色いバラの花がとっても綺麗でした。

近況2.中学3年の卒業対策委員の最後の仕事、卒業を祝う会、の世話役を無事完了。ご一緒のおこなった皆さんと親しくなれて、本当に楽しいPTAでした。目黒の木曽路という和食屋さんで、バス送迎もあり、7時から10時まで、語りつくせぬひととときでした。「語りつくせぬ」というフレーズ、長淵剛さんの「乾杯」の唄の中にありますね。最後に全員で乾杯をうたってお開きでした。歌詞を打って持参した私、口づさみながら書いていたら、息子のこと、周りのお子さんのこと、それ以外も人生の様々な節目の皆さんを思い起こし、君に幸せあれ!という歌詞に涙がとめどなく落ちました。
 いろいろあるけれど、「君に幸せあれ!」のみです。幸せになるために生まれてきたのですから!
[PR]

by kireijuku | 2012-03-21 10:11

2012.3.14 近況   

 中学3年生の息子の卒業対策委員、というのを担当しています。まもなく今週末が卒業式、後日が卒業を祝う会です。企画やらご案内の作成を通して、子供たちやお母様の現状に触れます。仕事として事務所でお会いするのとは違った形で、今後、私が貢献できることをしたい!と心底思います。
 
様々な子どもの悩みや、お母さま自身のお苦しみを傾聴しておりますが、ちょっとした掛け違い、の多さに愕然としているからです。
 
 子供は黄色い飴が欲しいのに、母親はピンクの飴こそ子供のためと思うのです。子供は違うなと思っても、子供なりに母を気遣って嬉しそうなふりをして受け取りますが、ストレスが溜まります。このズレが爆発したり、会話しなくなる原因かと。
 母も子も、時間も労力もかけてしまう会話のズレ。母親は、子供が欲しいものを察知すること、子供は欲しいものを欲しいと言語化できないからです。察知したら、今度は母親が自分の会話の言語化に配慮しる気づきが大事です。母自身も言語化に会話のクセがくっつくからです。

 私たちは、本当にほしいものを手にするために会話をする、この1点です。多くの場合、本当に欲しいものではないもののために、会話を使っています。それは自動選択で、長年の生きてきて身についたしくみの成せるものです。
 今までは何のために会話を使ってきたのか?
 これからは、何のために会話をつかうのか?

 私は、自他ともに幸せになるための会話、を今後も大勢の皆様方と探求して行きたく思います。特に、日本の子供たちが、大変な時代の中で大人になっていく過程において、コミュニケーション能力が高まること、形式の会話のレベルを学ぶのでもなく、本当に欲しいものを見据え、会話を編み出していけるようになってほしいと心から思います。
 そのために肝心なことは、母親の会話、だと、私自身が息子と伴走した受験期の会話から、切に切に思い編み出し、ご提供したい会話なのです。


 私は息子と「会話の格闘技」、をした受験期でした。息子は春から進学する日比谷高校で、既に大学受験へ向けた会話(私との会話、自己との会話、周囲との会話)の探究へスタートを開始しています。
 今後、お母様方と、真の勝利を母子で獲得するための、会話の格闘技の高度な技法を身につけたく、これからの課題に挑戦していきます。

 卒業式の着物は緑です。帯は細かい小花の刺繍が銀糸、紫、黄緑、ピンク、黄色でされた白い帯。帯揚げは緑と白のぼかし、帯どめを緑の石にして、紫の三分紐をしめます。ぞうりは白、しゃんとした気持ちで春の喜びを、感謝と希望で迎えたいと思います。

 先日の大田区の講演会は、淡い緑のほんわか色。このまま、4月の入学式も緑シリーズにしたい気持ちです。今は、毎日緑が着たくてたまりません。スタート、開始、前進、再生、そういうタイミングが来ています、皆様方とご一緒に、「つくる」ことへ新たな開始をと。新たな本も書きはじめます。また。ASAKO

 
[PR]

by kireijuku | 2012-03-14 10:05

2012.3.8 近況   

 7日は大田区にて女性セミナー3回講座の中の2回目の講師を務めさせていただきました。「いきいきシニアライフ~老後を明るく前向きに過ごすために~」という講座募集に、3倍のお申込みがあったそうです。おひとりさま、というのを悲壮感で言っていたのはもう過去のこと。皆様とってもガッツで取り組もうとされているわけです。

 女性は特におひとりさま可能性大です、もちろん私も一人息子は確実に出ていきますから当然のことです。
そして、老後、というより老前、ですね!と申し上げました。高齢者は個人差が大きいので、どこから老いとするかは、未確定要素。まだまだ年齢関係なく、老前です。

 約2時間、最後には「幸運を引き寄せるカラーセラピー」(新生出版社)も完売し、「人間関係を楽にする会話心理学」(日本医学出版)「がんで逝くひと、送るひと」(三省堂)も、サインのご要望まで頂き、お求め下さった皆様、長時間の講座を楽しんで盛り上がって、涙も落としつつの共感あふれるひとときを、ご一緒させて頂き、本当にありがとうございました!

 右脳の描画の鑑賞では、どなたも人生がそのまま表れていて、今までを、ここまでを生き延びていらしたご自分を、心底抱きしめてあげてください、と申しあげるばかりでした。

 本当に、人はかわいいかわいいいものですねと美空ひばりさんの歌の歌詞が浮かんでしまいます。

 私は実は今日が誕生日、サンキュー(3月9日)なんです。昨日から花束や今朝はチョコレートケーキの宅急便やらメールやらお祝いをいただき、覚えていてくださった皆様に感謝で涙がこぼれています。私もおひとりお一人がとても大事で愛おしいです。この世で、自分のことを大事に思ってくれる人が一人でもいること、これほどの嬉しさと喜びはありません。それぞれが、自分次第で、大事な人を思い続けているだけで、お互いの人生がどんなに豊かかと思います。同じお誕生日のあの方、あの方、のことも思いだし、お互いこれからも元気でと思いを馳せました。

 そう、肝心なのは、相手次第ではないこと。相手の出方を気にしないこと、大切に思っていきたいから思うのだ、ただそれだけだと思います。それは、自分の尊厳であり、自分の生き方であり、生きる意味でありからです。

 最近は就職相談、特に私は面接のことやら、本当に絞り込むべき自己PR、就職先の方向転換、jひいては未来の自己像。今後の未来を構築する、自分確認、自己理解、への強化をお手伝いしたく思っています。日本が劇的な変化を遂げいることの把握、日本人としての資質と、世界を見たときの自分の位置、自分を積み上げていくための一歩は?

 結婚活動もしかり。女性は結婚は戦略が必要です。自己理解、理想の男性と、本当に相性の良い相手・幸せになる相手、との食い違いの認識が大事です。そのうえで、自分をより素敵に向上させるためにはどうすればよいのか。人生脚本の書き換え、色やファッションの自己プロデュースの再確認。
 もうひと昔前の見かけだけでは通用しないからです。男性が求めている女性の真実とは?
 12枚のカラーカードやボトルやカラーツールを選びながら、わくわく腑に落ちていただきます。

 春がきますね。
 いよいよ新しく、輪廻転生の時期。新しい自分への変わり目。変革、への挑戦へ。健康な方こそカウンセリングを。不要な人生脚本の書き換えに。個人セッションでお待ちしています。
[PR]

by kireijuku | 2012-03-09 14:43