<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

2010.6.30 近況   

 あっという間の6月末。書きそびれた印象的なことなど、近況です。
★「婦人画報社OB・OG会」 日本のファッション雑誌の草分けをリードされた大先輩の皆様方、80歳現役の女性も、どなたもおしゃれもばっちり、本当に素敵な皆様です。私の人生で、大変な学びと、影響を頂き、感謝ばかりです。

★「カラー心理カウンセリング養成講座」 わざわざ遠方より、責任ある立場の素敵な女性の参加に、うれしいばかりでした。事務所前のホテルプリンセスガーデンへご宿泊でしたので、時間たっぷり延長させていただき、みっちり濃厚な授業でした。素敵な素敵な出会いと教えていただくことも多く、感謝感謝です。

★「日本ウエルネス専門学校」成増のスポーツマネジメントゼミ学生に、色彩コミュニケーション講座を開催。男子男子男子だけ、先生も素敵なスポーツマン男子、はじめての体験でした!19・20歳と言えど皆さん、スポーツのレベルも一流で、会話心理学がバシバシ当てはまりご理解早く、素晴らしい授業を味合わせていただきました。通常のご担当の先生のご指導の賜物、ご本人たちのスポーツを通した精神力の鍛錬、本当に見事でした。楽しかった~!!

★最近、「恋愛力120%UP!カラー心理カード」のご希望が多く、恋愛のご相談で、お若い方をお迎えします。色で男子とのズレ、修正の仕方、結婚寄りきり(?)、など、具体的な読み解きに皆さん喜んでいただき嬉しく思っています。色と恋愛は、とてもわかりやすく、私の本「カラーセラピー」にも書きましたが、好きになる男子(女子も)と、幸せになる男子(女子)という視点を探求します。将来のために必須です。
「カラー心理カードで人生脚本の書き換え」も同時に毎回おこなっています。
[PR]

by kireijuku | 2010-06-30 16:58

2010.6.14 10日(木)に看護大学にて「カラーセラピー授業」をおこないました   

 埼玉県、幸手駅にあります「日本保健医療大学」の看護学部の1年生の皆様の基礎ゼミで、代替医療の授業があり、私の「カラーセラピー講座」のご依頼をいただきました。
 10日(木)快晴の校庭から気持ちい風が吹き抜ける中、「幸運を引き寄せるハッピーカラーセラピー」の授業に、50名くらいのご参加をいただき、本当にありがとうございました。男性生徒さんも11名程いらしたと思います。とっても純粋で、とっても熱い思いを抱いて看護の道を目指されている皆様とご一緒に約1時間、私は感動で胸いっぱい、大感激しながらおこなわせていただきました。
 先生方の生徒さんお1人おひとりを大事に育てようとされている情熱、愛情がいっぱい伝わってきました。
 皆様、ありがとうございました。

 私は、両親ががん患者なこともあり、入院時も在宅療養時でも看護師さんに大変にお世話になりました。旗の台にある、昭和大学病院では、父母ともにがん治療を受け、日々看護師さんが超多忙な中、真心で接してくださったことを、身に沁みて感謝しています。
 その時は、御礼の思いで看護師長さんにボランティアのお願いをし、看護師さん30名ご参加いただき、しばしの癒しとお疲れをとっていただきたく、「カラーセラピー講座」を院内で2回開催させていただきました。個人セッションをご要望の方には、守秘義務の上、院内のカンファレンスルームに曜日を決めて待機し、看護師さんたちの個人的なお悩みや、気分転換のためにカラーセラピーを様々に対応させていただきました。

 私は両親のがんに出会い、父の場合は末期がんで自宅での看取りを体験しました。心から大事に思い、やさしく、思いやりをこめて、は努力できても、どんなに思いがあっても、専門性がなければできないことがたくさんありました。看護師さんの勉強は、その、専門性を身につける大変な学びだと思い、本当に大変だと思いますが、その専門性をどれだけ多くの人が待っていることか。看護の道を歩まれる若い皆さんに、心から「ありがとうございます」とお伝えいたしました。
 
 そんな体験から、私は、看護、介護、のお仕事をされていらっしゃる皆様に、特別な思いを持っています。私という一般人が、とうていできないことを、親に、身内に、いつか私自身もしていただくこと、どれほど尊敬と感謝を思っても足りません。
 カラーセラピー、というタイトルが普及していますので、便宜上使っております。ただ、内容は、皆様がご自身の魅力や特性や自分ならではの魅力をもっと知っていただき、ご自分らしさを愛し、ご自分を大事に活用し、自分自身が大好きで、褒めてあげること、へのお手伝いをさせていただくことです。
 お会いしました皆様に、心より尊敬と感謝を込めまして。ASAKO
d0027507_11522585.jpg

 
[PR]

by kireijuku | 2010-06-14 11:37

2010.6.7 近況   

 6月5日(土)・6日(日)は、有楽町フォーラムで、産業カウンセリング第40回全国研究大会に参加していました。(社)日本産業カウンセラー協会創立50周年記念の盛大な大会でした。
 私は昭和61年に会員になりましたので、23年間という時代の中で、カウンセリングを学び続け、カウンセリングに救われ、カウンセリングで人に関わらせていただいています。
 私の恩師の方々は協会の草創期からの方で、現役を退かれたり、お亡くなりになりました。恩師のお1人は梅田正子先生、私がうつ状態になった29歳から35歳の出産で協会の世話人から遠ざかるまで、毎週毎週のカウンセリング実技指導と、逐語検討会で多くのことを学び体で覚えさせていただきました。
 全くの自然体な雰囲気、その顔つき、そのしぐさ、その一言、全てが、私はその時には気づいていませんでしたが、毛穴から私への指導として伝わり、今の私を育ててくださいました。小柄で、楚々として、ふっと冗談を言うとけらけら笑われ、そして、意見する時は厳しくストレートに指摘してくださいました。
 戦後の混乱の中での結婚のこと、日常生活のこと、きさくで、黙っていても、居心地の良い何の気遣いもなくていい時間が過ごせました。
 うつ状態から抜けられなくてもがいている私をよ~く観ていてくださって、ある日の講座の昼休み、私が自分のことを話していると、静かにお弁当を食べていらした先生が、ふとお箸をとめて、私に「待ってあげなさいよ」と言われました。
 私は、この言葉に救われました。「自分を待ってあげる」と言うことを、先生はその一言で、私に教えて気づかせてくれました。もっと頑張らなくちゃ、前みたいな自分に早く戻らなくちゃ、と焦っている私に、大事なことが見えてきた言葉でした。
 それから20年近く時が流れ、私はここにこうして生きています。先生、自分を待ってあげられました。先生の一言で、同時に、私は人を待つことを知ることができたように思います。
 他にも尊敬の思い溢れる先生方のたくさんの思い出は、また。
 協会50周年の時にあたり、「カウンセラー」という名に真に相応しい、遠き彼方にいらっしゃる恩師に、最大の感謝と尊敬を捧げます。
d0027507_15594581.jpg
受付ボランティアをしました。皆様をお迎えし、自己研鑽に励まれ駆けつける姿に感動していました。私も、皆様に恥ずかしくなく同志と言えるよう、自己成長の道を石にへばりついても歩んでいきたいと思います。
2日間、ご一緒に学ばせていただき、ありがとうございました。
[PR]

by kireijuku | 2010-06-07 15:59

2010.6.3 青葉濃く風そよぎ太陽浴びている今が完璧な幸福   

 事務所のマンションの前に、ホテルプリンセスガーデンがあります。木がワサワサと青葉を繁らせていますが、冬場からついこの間までは枯れ木でした。冬はイルミネーションが飾られ、事務所の玄関から出る時はとても嬉しい演出です。
 で、今、これほどの勢いで緑増し、今日の真夏のような日差しに影を落として、道ゆく人たち日陰を提供してくれています。
 自然の、無言の、そして雄弁なメッセージは、限りなく優しく、限りなくじゃまをせず、限りなく大きいなぁと、唖然とするほど感動します。
 今、これを幸せといわずに、他は思いつきません。いろいろあるけれど、そんな風に思います。
d0027507_10163240.jpg

[PR]

by kireijuku | 2010-06-03 10:16