<   2010年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

2010.3.31 目黒川 桜四部咲き     

 毎朝、自宅から目黒駅の事務所に来る時に、目黒川の上を電車が渡ります。この季節は、桜開花の実況中継ができるほど、目黒川に桜の天井ができる刻一刻の風景の推移が窓から見えます。
 あっという間に通過する感じも気分上昇にはもってこいなのです。

 今朝はたぶん4部咲き。日あたりに応じて、これからは一気に場所ごとに咲き競う桜花の宴に酔いしれることができます。気持ち一新、天の恵みに感謝する日々です。

 今日は毎年恒例の吉祥寺井の頭公園にお花見に行く予定でしたが、週末まで期待を込めて待機。4月まもなく、父の3回忌を迎えますが、亡くなった2年前の3月末にも、井の頭公園で桜の枝を拾って枕元でお花見しました。その時の桜です。気に入った桜の枝があるので、今年もご対面に行くのが楽しみです。
 
 花びらは白に近いのに、集まるとピンクになって、「1人は全体によってあり、全体はひとりによってある」、という、私のカラーカウンセリング哲学に同じ気持ちです。ピンクはピンク以外の、太陽光に含まれる全ての色が注がれたピンク以外の色を吸収し、ピンクだけが反射している状態。
 つまり、ピンク以外の、様々な色によってピンクは存在し成立し育まれている、と感謝を思います。
 まるで、人間に似ています。私は、私以外の全ての人に支えられ、存在に「有」を与えていただいています。
 
d0027507_1473232.jpg

 
[PR]

by kireijuku | 2010-03-31 14:06

2010.3.29 今日の話題   

 ランチ休憩です。今朝から「カラー心理カウンセラー養成講座」にお越しの関西からの方、セラピー各種行っていらっしゃる方です。1日目の午前が終わりランチに行かれる前に、「たくさん勉強し、様々な研修を受けた中で、こんなに自分が抜けて、腑に落ちたのははじめてです」と言われました。
 昨日は、別の組の養成講座2日目でしたが、ご参加の心理士の方が「たくさん研修受けてきましたが、ここまで泣いたのに、ここまで楽しかった研修ははじめてです」と言われたばかりでしたので、本当に嬉しくなりました。
 その方の位置、その方の資源、その方そのものになっていくこと、それを活用するとき、私がご指導いたしますが、私を超えて、大変に素敵なオリジナルのセラピーに至ること、それを応援していきたく思います。
 ご本人の資源を活用した具体的なアイデアを相談しながら、新しい創作の場をつくること、とてもダイナミックで楽しいです。誰かと比べることはなく、自己成長、自分研究という、素敵な魅力を開花する勉強です。

 色は人間に似ています。人間は全ての色を持っているのに、使える色の限定が起こっています。色は人生に似ています。どのように選んでもいいのに、遠慮が、制限が起ります。
 
 各講座では、自分の限定をゆるめ、未来の選択肢を広げた、ワクワクするような未来の設計図を手にします。不思議な物語がスタートします。「もしかしたら、できるかもしれない」という感じが来るのです。根性論でもなく、それは、とても自然な時熟したタイミングが降りてきます。

 ※先ほど教えていただきまして、今日は天体でいうと、とても珍しい貴重な日で、今年最後だそうです。明日も、ブルームーンと言う満月が2回も1月にある日で、素敵な予感がします。d0027507_14161497.jpg
[PR]

by kireijuku | 2010-03-29 14:13

2010.3.24 大学院学位記伝達式にて(写真を入れる方法を今頃知りました。大きさ変更は出来ません…)   

 国際医療福祉大学大学院 医療福祉ジャーナリズム分野修士課程に2年間学び、この度、修了いたしました。お世話になった教授、修了生の皆様と。今後は研究生として学び続けます。皆様に提供できること、私の研究テーマのこと、貢献したいこと、これからまたご報告していきますね! 着物姿は係りの方に「保護者はこちらですよ!」と言われ、う~ん納得!
d0027507_1719211.jpg

d0027507_1723197.jpg

[PR]

by kireijuku | 2010-03-24 15:18

2010.3.23 センセーション・カラーセラピスト養成講座   

 20(日)・21(月)にて、2名のご参加者からのご希望をいただき、開催いたしました。私が開催する講座において受講生は、どの講座においても、本当に偶然ではなく相性の良い方同士になります。メールでお問合せいただくと、たいていご要望が見えますので、同様な視点の方をご一緒に開催しています。
 今までお相手は完璧に外さず、毎回楽しく最適な内容を創作し感動を体験しています。お越しいただき、ありがたく、ご縁あってお知り合いになれますこと、本当に嬉しい思いでいっぱいです。
 
 今回は2年ぶりにお会いした素敵な女性、そして、お相手は私もはじめての女性ですが、きっと学びが深まる予感がして、ご一緒の日程にいたしました。なんと、いらしてわかったのは、お二人とも最先端のwebデザイナーでした。
 
 今までも他の講座でも、3名の参加者が全員とも3人子供がいるお母さんだったり、全員が看護・介護関係だったり、全員が色彩検定の方だったり、本当に驚きます。そして、基本となるプログラムや規定は完璧にご提供しながら、皆さんの位置での今後のご活躍のアイデアや今後の活躍の形のデザインを同時に設計し、広く社会でデビューしていただくのが、私の伏線の講座目的です。

 今回、センセーション講座を開催し、他にもご参加者が色々なカラーツールが最近増えたこと等、世間に全くうとい私に教えてくれますが、この10本のカラーボトルとシステムは、初心者にもカウンセリングの先生方にも、一般の方にもとても素敵だなと、原点を思い、あらためて感じました。

 まだ日本に、こんなにカラーシステムがない時代、カラーセラピーの先駆的な道を切り開かれ、ここまで一般人対象にオープンに学びを提供していただいた、エコール・ド・メチエの橋本先生にあらためて敬意と感謝を思うばかりです。私もセンセーションをお教えし、もう10年ほどになりますが、カウンセリングの一環なので、ご要望ある方のみご教授していて、橋本先生にもご挨拶もせず、年月ばかりたっております。
 寛大な勉強方法をこの世に生み出されたことに、心から尊敬の思いでいます。

 今回のお2人、特に私へ学びにいらしたのは、お2人ともカウンセリングを学ばれ深め、ご自身が人間の本質を探究しているからでした。傾聴とは何か、何のためにカラーセラピーをするのか、どの位置から相手に関わらせていただくのか。このような問いをもたれている方が、色を導入に、人の気持ちの快復への貢献のために力をつけようと学ばれることに、心より共感し、ご教授させていただきました。

 全テキスト内容を基本に忠実にご教授した上で、実践のカラーセラピーの学びは、1日目は3本、2日目は6本、個人セッションを私が実際にいたします。観察者として私の言葉をメモもしていただき、全体の流れをイメージしていただきます。そして、相互に6本の個人セッションを通しで最後まで行っていただき、細部をご指導しながら、どうこう言わずにフィニッシュしていただきます。

 講座内で1回通しで、最初から最後まで個人セッション体験をされると、大きな自信になります。聴き方のコツを徹底してしつこくご指導し、口伝式に身につけて腑に落ちるようなご指導が私流です。
 
 受講生は、2日間で、センセーション・カラーボトルセラピーをお客様にセッションできるようになります。このツール、システムの良さを、あらためて実感しました。
 
 
[PR]

by kireijuku | 2010-03-23 16:56

2010.3.15 カラーセラピーに技法をプラスするということ   

 NPO法人カラーカウンセリング&会話心理学研究会主催「カラー心理カウンセラー養成講座」第1日目を開催中、遅めのランチ休憩です。
 
 毎回、カラーセラピスト、アロマセラピストの先生方等、どなたもたくさんの情報も勉強もされてきています。そして、共通してのポイントは「情報提供し過ぎな部分を、どうバランスとればよいか」のようです。相手を思うからこそ、アドバイス、結論へ早く至ってほしいと思う、無意識の誘導からの回避です。
 
 カウンセリングの技法が大事です。技法と言うとテクニックという形式的な意味合いに考える場合がありますが、違います。技法は人間力の反映です。いくら人間力があって、様々な分野では大変に力を発揮されるとしても、カウンセリングで発揮できるかと言うと、別です。そこを結ぶのが技法です。
 
 カウンセラーは「選べる」ことが主眼です。会話を、技法を、カラーワークも、そうです。技法を使う根拠、技法によって生み出す結果、技法を使ってもいいし使わなくてもいい、という自由性とともに、いられること。クライエントさんのためであること。

 自分の限定・予測を超えた未来を、クライエントさんとご一緒の会話で紡ぎだす作業、卓越した職人のように、訓練しあいたいと思います。講座で申し上げることは、プロなら、相手次第、自分次第の状況に左右されず、一定の価値を常に生み出せること、そのために、なんとなく出来たでもなく、調子の良し悪しでもなく聴ける力、これは、論理的に身につけることができる分野です。
 
[PR]

by kireijuku | 2010-03-15 13:50

2010.3.7 「カラー心理カウンセラー養成講座」2日目完了   

 私の著書「幸運を引き寄せるカラーセラピー」「あなたを幸せにする色の魔法 ハッピーカラーセラピー」と「人間関係が楽になる会話心理学」の本がサブテキストでおこなっている講座ですが、本の内容で時間を使うのはもったいないので、実践篇で身につけていただく徹底した口伝式、訓練式の講座です。
 
 今日、2日目を終え、最後は交互に12枚のカラーカードでカウンセリングをしましたが、ご参加者に私もやっていただきましたが、これが上手い!本当に気持ちよく私も受けさせていただき、大満足!
 素晴らしいできばえです。受講生どなたにも思いますが、本当に上手くなります!
 
 初日とは違って、自然体で考えないで、深い心の部分を語れるような切り口で進めるご様子は、お見事でした。カラーセラピストの方ですが、ここの、このことを知りたかった!ということを具体的にご提供したら、みるみる上達されました。
 
 カラーセラピーをカウンセリングにしていくには、技法を知る必要があります。また、大事なのは、そして、早い上達は、自分研究に尽きます。自分が見えてくると、相手も見えてきますから、どのあたりからアクセスしたらいいか、出たとこ勝負ではなく、カラーの意味と質問とを上手に糸口にして、会話で相乗作用を生み出しながら、価値ある満足した終結へ至るのです。

 
[PR]

by kireijuku | 2010-03-07 17:35

2010.3.7 「あなたが幸せになるための 自分研究講座」開催!   

 講座は、7時間カウンセリングでもあります。昨日は1時間延長させていただき、8時間ご一緒の研究会でした。話し切る、という体験の重要さを私自身が徹底して体験してきたことが、今の私をつくってくれています。
 
 話し切ると、手放せます。私には、湧いて湧いて過去の物語が止め処もない時代がありました。安心でき、信頼できる聞き上手な相手に、徹底して話し切ると、もうストーリがくっついて、湧いてくることがないのです。そうすると、未来を、夢を語るようになります。

 そして、昨日の自分研究の内容は、ご参加者に応じてですが、自分の中にある資源への洞察と言語化した根拠ある確信、へ至っていただくこと。
 
 コミュニケーションのトークの点検と録音しながら訂正し、つかみを手にする訓練、ああだこうだ会話をポイントで相手を引き付けるツボってどこ、それを身につけて腑に落ちて使えるようにすること。

 人生脚本の点検は、ドライバーのパタ-ン、形成されたしくみ、そして、その分析という視点より、そういう自分であるという受容。これからも、そのパターンはやってくる、その上で、今度は選べる、ということ。選ぶ選択肢を増やすこと。
 スッキリ素敵な、あの人のような格好よさ、を求める人生ではなく、自分でいい、という結論に至る研究です。

 カラーを手がかりにするワークは、昨日はスワロフスキー各色、綺麗な彩から、過去現在未来の顕在意識と潜在意識の読み解き方、そして、おみやげに、ビーズを12色入れてセラピーできるケースセットを。

 コラージュは、過去の完了、今の承認と課題、未来のデザイン。色紙やマスキングテープ、等を自由に組み立てますが、ここまでの研究のプロセスが湧いてくる結果はすごいものがりました。未来をすでに手に入れている現在から、物語を書ける最後のワークは、ご参加者の本質の魅力が溢れていて、未来が構築される瞬間に遭遇したかのようで、感動の作品でした。

 6色のフローティングキャンドルをお土産にお渡ししました。
 ご参加者が、いよいよ自分になっていくこと、自分のルートでほしいものを得る人生を、なりたい未来のデザインを応援していきます。

 1度、徹底して7時間話し切る、という体験は、とても価値があります。空き地ができるので、入ってくるようになります。本質が欲しい物が引き寄せられるようになります。上澄みのほしいもの、ではない、新しい感じです。それは懐かしく、あたたかく、ほっとできて、やすらげて、希望があります。
[PR]

by kireijuku | 2010-03-07 09:52

2010.3.4 就職の採用条件の第一位はダントツで「コミュニケーション力」!!   

 今朝のNHKで、この1年間で新入社員を雇おうと思っている会社は40%代でした。大学は、就職に力を入れるため、保護者への就職説明会も頻繁におこなうようになっているそうです。参加された父母は「何か役にたつことがあれば手伝ってあげたい」と言っていました。
 
 そう、親は大いに手伝えます、但し、ダントツ1点が重要です。それは、「コミュニケーション力」です。

 産業カウンセラーとして、経営者や人事担当の方から常に聞いてきたこと、データに於いてもここ10年くらい、採用条件の第1位は新卒でも中途でも、「コミュニケーション力」です。2位をぐ~んと引き離しています。

 ある病院長の奥さんで人事担当されている方が、「勿論、資格は当然ですが、コミュニケーション力のある人を採ります。なぜなら、入ってから、コミュニケーションを教える時間も余裕もないのです」と。

 ここまでコミュニケーション力なのに、コミュニケーション力を実践で教えてくれる授業も先生も、社会に出る前にないのです。どうあがいても就職に不利なのは事実です。

 コミュニケーション力は後天的です。いい悪いではなく、家庭の会話の種類や量と関係があります。下手ではないのです、慣れていない、知らない、使ったことがない、場面に遭遇していないから試したことがない、だから、コミュニケーション力が就職の時点では、不十分なのです。できないのではなく、習っていないから当然です。非言語、言語ともに、身についていることが、必須なのです。

 今朝のNHKを観てて考えました。就職前に、もし、コミュニケーションだなっと思ったら、自分研究講座を受講してください。或いは、就職用の講座を開催しようと思います。
 
 親御さんにもおすすめします。親の会話のクセは必ず子供に受け継がれています。いい悪いではないのです。点検です。気づいたら、選ぶことができるようになります。そいういう会話のクセが自分にあるということを受容できたら、もうそこから開放されています。新しい会話のヴァリエーションを足すだけです。

 これを社会人になる前に、就職活動の前にやることを、心からご提案したいです。「就職活動のための会話心理学講座~コミュニケーションの種類を増やして身に付ける講座」を開催しようと企画します。

 なぜ、こんなに熱くなったかというと、私が社会人になって、もっとも苦しんだのがコミュニケーションだからです。
 いくら会議で発案を言っても「朝子、お前何言ってんだかわからないよ。ダメだね」と、企画は毎回ダメだしでした。そのことが、私が25年前に、カウンセリングの勉強を始めたきっかけですから!
 
 身に沁みて知っています。どれだけ、伝えたいと思っても、「アワワワ」としか言えないのです。
 
 今ならわかります、私は会話の種類を知りませんでした。自分を責めました、自己嫌悪になりました、一生懸命うまい人に憧れて人まねをしました、でも、気軽なリラックスした会話は相かわらずできず、苦しみ続けました。
 
 今、本当に「会話心理学」を書いたとおりの、人間関係が楽になる会話を手にしています。私は私になればいいと知ったからです。その私らしい会話を編み出して、ほしいものを手に入れればいい、と腑に落ちたからです。後天的に、この位置が手に入ることを、体験を持って私は知りました。
 
[PR]

by kireijuku | 2010-03-04 18:18

2010.3.3 そして、偶然力について   

 結論を書き忘れました。
偶然は、やってきます。ほしいものが明確になったら。
 根性論ではないです。

 どういうわけか、山登りのルートで積極的に頂上に旗を立てて石を記念に持ち帰る、だけしか行き方はない、と若い頃思い込んでいた私です。

 ようやく、端っこのほうからチョコチョコといく道とか、目立たないからプロセスは賞賛されなくても、ほしいものを得るルートを発見しました。それは、私の道です。誰の真似ももうしなくていい、誰にもならなくてもいい、自分になっていけばいい、のです。
 
 どなたにも、自分道があります。得たいものを得るルートを発見すること、自分研究してください。

 そのことと、偶然が重なるルートが、くっつくのです。
 
 この筋肉のつけかたで、偶然を引き寄せる力が鍛えられる、ということが結論です。

 積極的に偶然を待つ、というルートが人生にあることを、体験を持って知りました。
 
 
[PR]

by kireijuku | 2010-03-03 18:06

2010.3.3  「偶然力の身につけ方」を書き忘れました   

 「カラー心理カウンセラー養成講座」第1日目が終了しました。受講生は様々ですが、色の先生、カラーセラピストとして運営やご指導されている方が、全国からふいにお越しになります。
 
 アンテナのご縁、としか言いようのない、その方のちょうど転機の時に出会います。私は、触媒として、その方のこれからの未来をデザインすること、すべてのスキルをご提供し、その方の位置でのご活躍を応援しています。

 どなたも比較も、同じ土俵での焦りも不要です。自分の位置があるからです。なぜなら、自分が資源だからです。それは誰も真似できない、最善の宝であり、語れるトークの宝庫です。自分の今までを使うこと、です。
 
 時代は大きく変わっています。成長期の日本ではなく、成熟期にきた日本にいることを受容し、未来を見据えた自分の発揮の仕方の設定を、具体的に設計するときです。

 長年の背景にある価値感・もっともっとではない、いかに、今までの体験や仕入れたことを、未来に役立つように加工できるか、です。いよいよ使えるときは今、これからの世代に継承する宝を持っている自分、です。

 1日目受講されると皆さんが「何をどうしたらいいか、具体的にみえてきた。7時間カウンセリングを受けていたみたいです。2日目がすごく楽しみです」と言われて帰られます。カラーの講座も自分研究が必須です。ここが見え始めると、出たとこ勝負の会話ではなく、クライエントさんへ、お客さまへ、家庭でも子供へ、会社でも仕事でも、得たいもののために、様々な視点でのアクセスが見えるからです。

 本当にほしいものは何か、なりたい自分はどんなか、行きたい方向はどっちか。
今まではあれでOK。この時代背景における、未来の目当てに向かうことです。
ほしいもののために、会話をマネージすることです。
自分がなりたい自分のために、色と会話で「自分研究」を、私もご一緒させていただけたら光栄です。
[PR]

by kireijuku | 2010-03-03 17:56