<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

2001.11.30 神戸ご報告   

 (社)日本産業カウンセリング第39回全国研究大会関西大会、参加してきました。第4分科会「地域社会と産業カウンセラーの役割」で、私は”カラーセラピーを用いた高齢者と家族への支援”について発表させていただきました。
 
 第1番目登壇は緊張で、パワーポイントと演台という、普通は近距離でライブでおこなう講座や研修や講演会が持ち味なので、きちんとやっているうちに「面白くあらへん?」と急に大阪弁で、皆さんにお詫びと伺いたくなる気持ちを押さえるのが大変でした!
 そして、画面も綺麗で、エネルギッシュで楽しかった!とご感想を何名からも言っていただき、ありがとうございました。不十分な分、また成長して、ご報告させいただけたら嬉しいです。

 色を実際にどうカウンセリング場面に入れるか具体的なご提供が時間内ではできず、今回は題名通り、高齢者と家族への支援に関して報告と課題を提示し、私の今後の課題、そして新たな実践での報告ができることを自分へ課しました。

 フロアからの的確なご質問、コーディネーターの柔軟なご配慮と適切なコメント、全体の責任者とスタッフの皆様がどれほどのご苦労と寛大なお迎えの心で居心地よく過ごせたことか、と、あらためまして、産業カウンセラーという存在の心のあったかさ、在り方、を教えていただく機会となりました。ありがとうございました。

※私の著書を置いていただくスペースがあり、私が参加するので、いられる時にテーブルにおりましたら、1日
目、13:30から開始の研究大会でしたが16:00には完売してしまい、ありがたいばかりでした。2日目にお求めを言われていた方に申し訳ありませんでした。心より感謝を込めまして。
[PR]

by kireijuku | 2009-11-30 12:25

2001.11.27 六本木ミッドタウンと明日から神戸   

 大学院の授業の帰り、友人たちと歩いて行ってきました、六本木ミッドタウン!ブルーのライトが敷き詰められ、光の銀河鉄道のようなラインが飛び交う様子が素敵素敵。周りの木々もライトアップされて、この季節ならではのお楽しみ!ちょっと昨年のほうがゴージャスだった気も…。

 明日からは、社団法人日本産業カウンセラー協会の年に1度の全国研究大会に神戸の国際会議場へ行ってきます。ホテルはポートピアホテルがとれたので夜景が綺麗そう!今回は第39回関西大会で、5月インフルエンザで延期となり、再度開催というパワーですので、私も頑張って発表してきます!
 
 カラーセラピーを使って地域で高齢者や療養中の方やご家族の皆様にどう貢献するか、今までの私の活動報告と今後の課題、皆様と意見交換しご指導いただき、今後の産業カウンセラー仲間の活動への、未来への示唆を得たいと思います。
 
 高齢者がまもなく全人口の25%になる現在、大切な歴史、学びの宝庫の体験の皆様に、何かのとき(私は父母ががん患者なので、他の方が他人事でないのです)応援、手助けできること、話を聴くことくらいすごいサポートはないと、体験から思うのです。

 こういうイベント、何色が自分の細胞を湧かせるかしら、とファッションコーディネイトも好きですが、2日目の第1番目の登壇と決まって緊張モードの自分をリラックスさせ、100名くらいと伺っている分科会の参加者の皆様に貴重なお時間をいただき御礼を、表現するには?と思います。カラー心理カウンセラーの醍醐味は、こんな女性心、美し心を助けてくれる発想です。
 
[PR]

by kireijuku | 2009-11-27 10:54

2009.11.24 近況報告   

 昨日から、事務所の前のホテルの木に恒例のイルミネーションが飾られ、2階の窓からちょうど夕方になると綺麗な夜景になります。夜事務所の玄関を出ると盛大で華やかな光のシャワーに、疲れもサラッと抜けて嬉しくなります。
 
 また、ここから徒歩7分くらいが恵比寿ガーデンプレイスなので、たまに帰りに歩いて行き友人と夕食をしに待ち合わせます。こちらも毎年おなじみのバカラのシャンデリアのツリーが飾られ、それは幻想的な夜を自由に堪能でき、とても素敵な季節です。
 
  あっという間に11月末、慌ててブログを書き読み返すまもなく、あらためて数日後自分で読み返すと稚拙で恥ずかしくなります。今、次の本を書いています。今度は全く違うジャンルで、挑戦です。
 昨日は神奈川県へ女性セミナーを。20代がほとんどで30名くらい、カラーセラピー講座でワークを行っていただき、楽しんでリラックスして日頃のお疲れを発散していただけますように、という内容にしました。
 
10月からは親子セミナーを6カ所くらい、目黒、世田谷、神奈川で。こちらは、色と会話を主体にします。子供への会話はとても重要で、お母さんが煮詰まってコミュニケーションすると、それはあとでやっかいになります。「色彩会話心理学」と、私流の、カラーを導入にしたコミュニケーション講座です。
 
最初の事務所が表参道のディオールの裏にあり、イルミネーションの素敵さは目もくらむようでした。その後、中止になって、また今年の12月から表参道イルミネーションが復活するそうでワクワクしています。恒例の六本木ミッドタウンとここは絶対毎日でも通りたいものです。光のパワー、古代の人間も今も時を超えて細胞が沸き立つような思いは同じくです。

 昨日20代~30代の女性たちと一緒にいて、戻って食事をしながら、ふと、私に生じた体験がありました。あの女性は私の娘といってもおかしくない年齢、自分の年を忘れて仕事してますので、すっかり感覚が鈍くなっていますが、もっとも大切なことについてです。
 昨日も懇談的にお話したのですが、その年代にもっとも大事なのはライフデザインです。一般の常識も大事ながら、自分の体質を理解して、自分を活かしてあげるデザインが大事です。そして、それは、人生脚本の書き換えと同様、生きていきながら修正でき、様々な選択肢を見据え、未来を無意識にしないで、選んでいく意志、です。

 たまたま表参道のことで思い出すのは、私が(株)綺麗塾をスタートし、最初の事務所の契約を決めたのが12月25日でした。決断は恐れもあるものの興奮するような、未来を自分でつくっているという実感です。記念にアニヴェルセルという素敵なお店で、真っ赤なハートのキーホルダーを買って帰ったこと、こうして、私は自分の手で、自分の人生に記念日をつくって生き続けています、今も。
 
[PR]

by kireijuku | 2009-11-24 09:57

2009.11.15 希望について   

 人間が恐れをもつことは、未来を感じる脳の働きによる、というようなコメントを仕事しながらでいい加減ですがテレビで見ました。未来を感じないと、恐れはそうか、こないのか、と知りました。
 その上で、そういうシステムがすでにある人間に生まれているというのは事実なのですから、どう手を打つか、が理論に納得して寝てしまうより先決です。
 何しろ、生き延びること、歳をとれば体力も衰え、徹夜も辛いし、それを若い頃と比べるのは全然無意味、どうやっても自分をいい感じに持っていくこと、への知恵と工夫でよいのではないでしょうか。
 自分が変わることへの自己啓発も大事ですが、うまいこと環境で自分をいい気分にしてあげ、大事に長く使え、ほどほどに楽しく、お天気で幸せ、っていう自分でいていいじゃないか、と思うのです。
 このことは、「乗り越え」の手前に「受け入れ」をつくる、というお話で、割と皆様と合点がいくところです。子供がふたり、長男のことを「お兄ちゃんでしょ」としかってしまうお母さん、「それじゃいけない、長男なりに頑張ってますものね、こんな母親ではダメ、もっと寛大にならなくては」と。
 いいのではないでしょうか。次男でバタバタの時に冷蔵庫からジュースを勝手に出してこぼして、大事な紙もびしょびしょにして、長男、しかりたくもなりますよ。
 そう、私は、この長男をしかりたいし、頭にきてる、そういう、感情的で幼い母親ですもん~もん~と受け入れ、頭にきてると認識して。で、それから、でいいのではないでしょうか。
 その上で、あっと、これって、長男への期待値高すぎだわ、これって次男へうまく子育てでいない自分へのイライラを長男にあたって、誰かのせいにしてるわけだ~、と反応から降りるだけ。
 そして、選択。言葉の選択です。子供は、親の言葉で泣きます。子供は我慢強いです。気分次第の出たとこ勝負の言葉、なのか、子供のための言葉なのか、言葉を選択すること。
 未来をデザインするのは、私の言葉です。会話心理学、新しいスタイルでおこなっています。ご興味ありましたらメールにて。1日マンツーマン講座、90分個人セッションで、会話のヴァリエーション、会話心理学を身につけるご提供をしています。未来地図を書き換える、ご自分の人生設計図の点検のお手伝いをいたします。ASAKO
[PR]

by kireijuku | 2009-11-15 16:07