<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

2009.10.30 第39回日本産業カウンセラー大会全国研究大会関西大会   

 11月28(土)・29(日)神戸で開催される、(社)日本産業カウンセラー協会全国研究大会にて「地域社会と産業カウンセラーの役割」の第4分科会で、「カラーセラピーを用いた高齢者とその家族への支援」という題で発表します。
 
 今日が資料パワーポイントの提出締め切り、せ~のっで添付ファイルを送信いたしました。見直せばきりがなく、もっと伝えようと思い、また、雑誌編集者魂がむくむく湧いてきて、写真と見出しいっぱいの見やすいもので、ご参加してくださる皆様にお伝えしたく、貴重なお時間をいただき感謝の思いで話させていただきます。

 私が特に高齢者とその家族、としましたのは、私の両親はともにがん患者で、母は乳がんを手術し現在は回復していますが、リンパをとると腕や手が痛み、やはり様々な後遺症は続いています。父は食道がんで闘病し昨年自宅で看取りました。

 がんの当事者でない私は、特に父の末期の状況をともにしながら、当人がいかに話たいか、話すことで苦しみや気持ちの整理ができるものか、とあらためて感じました。そして、私ではない、男性で、できればがんの体験や身内にいらっしゃる方で、聞き上手なかたがいてくれたらなぁ、と思いました。が、その時は、精一杯で、何か余裕を持って考えることができず、私と母と、心ある看護師さんや医師のおかげで乗り切りました。

 今後、産業カウンセラーの聴くお力のある皆様方が、私も含めて、高齢者、がん患者、家族への傾聴を、もっと連携を取り合いながら、ニーズに応じたカウンセリング対応が、垣根を低く、楽しく、気兼ねなくできるようになるといいなと思います。

 その中で、カラーを導入に使う対話は、初対面でもスムーズな流れをつくりやすく、回想法のツールとして効果的だと、何件もの実践から思いました。今までの実践例、具体的な内容をご報告しながら、諸先輩、様々な体験を持たれる皆様方に、ご指導ご支援いただきたく思い、未熟ながら、発表をいたします。

 当日、会場でお会いできる方がいらしたら、ぜひ、お声をかけてくださいね!

※明日、明後日は、「センセーション・カラーセラピスト養成講座」開催いたします。ご要望があり、久しぶりに土日をとりました。ご希望ありましたら、今からでもご参加大歓迎です。色のツールをどのようにカウンセリングに結びつけるか、センセーションの規定にのっとり、その上で傾聴技法をベースにした実践練習重視の講座内容です。明日30日(土)10:00に目黒の事務所にお越しください。


 
[PR]

by kireijuku | 2009-10-30 09:53

2009.10.26 第5回カラーカウンセリング研究会開催!   

 「ハッピーカラーセラピー講座」として、毎回、カラーカウンセリングを様々カラーツールや色を表現する世界に触れ、探求しながら、豊かで自分らしい感受性を参加者の皆様と一緒に磨いて行きたいと思っています。

 今回は、大阪からご参加の方も交えて、どなたも教育やカウンセリング関連のプロ、趣向をかえてまた新しいプログラムをご体験いただきました。DVD鑑賞、ワークなどの後、コラージュ。コラージュはDVDの視点を活かした「自分の美の世界」の反映です。

 カラーセラピー、カウンセリング、教育、接客、どの場面においても、自分の位置、特性、持ち味、をいかすこと、じぶんが資源、自分の内面を言語化すること、私がいつでもどこでも行くつく語りです。その自分を自己理解し、自分でつかみ、自分でメッセージ化できること、どの講座でも、ここが訓練です。

 自分の腹に落ちた一言、自分の碇をおろした位置、自分のこれだけは譲れない美学であり哲学、これを明言化できるまで、自己理解すること、全てのことで通じる自分の輝かせ方だと思い、皆様にそのやり方を色や会話や情報をとしてご提案し、ご自身で腑に落ちていただきたく、活動しています。

 ご結婚、出産、新たな仕事の成功、ご報告をいただくと、その方のお顔が浮かび、自分自身で手に入れた自分の位置(それはおいおい変化し進化し発展します)の結晶だと、嬉しく思っています。
[PR]

by kireijuku | 2009-10-26 11:11

2009.10.19 近況   

 鹿児島からお越しのお客様の講座が素敵なお仲間とご一緒に修了し、今週は広島、岩手からお越しの方々とお会いします。お1人おひとりの魅力や特性が言語化されながらご本人も確認作業がすすみますと、土地が育んだ素敵な精神性、人を育てる大地、その場所場所ならではの資源、体質、パワーを感じますと、居ながらにして、原風景や風や空や空気が香ってきます。

 10月25日ハッピーカラーセラピーの会場「虎ノ門 とらトピア」の1階ホール、レストラン内に、NPO法人カラーカウンセリング&会話心理学の事務局長をしている渡部さんの写真展がおこなわれています。「空と海と光のハワイ」と題したシリーズは、1枚1枚から暖かい癒しのエネルギーが湧き出て、こちらに惜しげなく注ぎ込んでくれます。
 25日講座へご参加の皆様は、それも楽しみにお越しくださいませ。
テーマが明確になってきました。乗り越える、から、受け入れる、への転換。受け入れる、その後にある、乗り越え、という見え方について。
 コラージュ、をいつもとは異なる視点でおこないたいと思います。カラーセラピーに興味ある方は、とっても楽しいツールを発見します。お楽しみに!ASAKO
[PR]

by kireijuku | 2009-10-19 14:44

2009.10.14 沖縄の気づき   

 沖縄に9日~12日まで行っていました。大イベントは400名列席の結婚披露宴での来賓祝辞。生徒さんが素敵な家族を築かれ、お招きにあづかりました。また、センセーションカラーセラピー、カラー心理カウンセリングのフォローアップ、そして、研修では皆様一人一人の未来のデザインへのアドバイスが目的でした。
 
 女性として、人間として、カラーセラピストとして、カウンセラーとして、どういう位置で生きているのか、生きていくのか。「本当に欲しいものは何か」を問いかける研修でもありました。これからの人生で欲しいものは何か、今までは何を得るために生きてきたのか、未来はどうなのか、と。

 コラージュでの自分の未来の姿、イメージの発見、実際の個人セッションを体験していただき、色に反映する自分の深層心理から、自己理解を深め、腑に落ちた本質からのメッセージを確認する内容でした。

 素敵なカフェの会議室をとってくださり、美味しいランチと、味わいある会話と色の時間、11:00~16:00までがあっという間!16:50分発の飛行機へ向けてもうダッシュでした。

 帰り、涙と一緒に謎が解けた女性、その後、皆で那覇空港で記念写真を撮りましたら、空にくっきり虹が!!
曲がり角を曲がったら、大きな美しい虹がかかっていました。

 私は飛行機の席は、ぎりぎりにカウンターに行ったのに、広々とした一番前の窓際でした。飛び立って高度があがり、ずっと雲をみていましたら、丸い虹が真っ白な空に浮かび上がっていました。その丸い虹の中に、飛行機の影がシルエットを描き、そのまま移動していきます。私は虹が段々薄くなって消えるまで1時間くらい、ずっと窓の外を見ていました。
 
 丸い虹、聞いたことはありましたが、初めてのこと。皆さんと、沖縄と、これから出会う皆さんとの、素敵な未来を確信しました。25日のハッピーカラーセラピー講座、沖縄パワーも盛り込んで、少人数で楽しく深い洞察と、ひとつの答えが出そうな内容になることと思います。お会いしますのを楽しみにしています!
[PR]

by kireijuku | 2009-10-14 09:43

2009.10.8 朝日新聞「声」欄 7日朝刊に掲載されています   

 朝日新聞の読者の投稿欄「声」H21.10月7日(水)朝刊、私の文章が掲載され、ありがとうございます。
「80・88歳コンビよ、いつまでも」です。
  
 初めて書いて出してみたのは、母のことでとても感謝と感動があり、そのお相手の方と息子さんに御礼を述べたかったからです。わざわざ電話するのも気遣わせてしまいますし、そうだ!友人の素敵な文章が読売新聞に掲載された折、喜んでくれた方が何人もいたわよ、と教えてもらったことに励まされました。
 
 昨日の掲載の朝、私の大事な友人がメールをくれて、私は連絡不精を詫びつつ、おかげで嬉しい副産物も貰いました。とっても嬉しかったです。そして、6時半くらいというこんな早くに朝日新聞の声の欄まで読み終わっている友人に、あらためて尊敬の思いで、励まされたのは私です!
 
 合わせて、昨日はちょうど実家に、その88歳のご婦人と、同じマンションの84歳のご婦人をお呼びし、カラーセラピーで楽しんでいただく会を開きました。
 
 カラーボトルを選びながら、亡き夫の思い出や介護の日々を語る目から涙が浮かび、そして、やりきった満足感があるイキイキされている方、ダンスの先生をされて今もしゃんとされている方、3人とも、戦争を体験し、苦労をしながらも、今、80代、ぴんぴん、頭もとびきり聡明で、会話のセンスもコラージュのセンスも抜群で脱帽です。

 母が出してくれたフルーツの盛り合わせも、巨砲を一粒ずつむいたもの、ナシ、ゴールデンキウイをとても小さくカットし、こういうおもてなしは、本当に歴史級。継承したい作法です。

 高齢者、老人、と扱っているのはこちら側の刷りこみかもしれません。尊敬する大先輩から生きる知恵、楽しく年を重ね、元気で1人で生きる工夫、女性の行き方のお手本が学べると、大変に感じました。

 シニア産業カウンセラーとして、働く方々の応援をずっとしてきました。これからは、ヴァリエーションを広げて、働いてこられた方、日本を支えてきてくださった恩ある世代の皆様に、お返しする活動をしていきたいと思っています。色を導入にしたカラーセラピー、芸術療法、アートセラピー、呼び名は様々ですが、話を聴く力をますます鍛え学び、それでこその「カラー導入」した原点ですから、大切なお話を聴かせていただきたいと思います。

 昨日の会、88会としようか?と母と話しました。半身不随のご主人を8年全部介護していらした84歳のご婦人は、今年1月に看取り、救急車を呼ばない意志のご主人を抱きかかえて最後まで一緒にいたのです。管に繋がらない死、を見事にされた方、ぴんぴんころり、私もできそうよ!と笑って言われました。
その方のコラージュの題名は「悠々」でした。上方に花火が舞っていました。

 11月30日に発表しにいく、日本産業カウンセラー全国研究大会の関西大会・神戸にて、「産業カウンセラーの地域への取り組み~カラーセラピーを活用した高齢者と家族への支援」をこれからの軸におき、1歩1歩、行動をしていきたいと思います。ASAKO


 

 
[PR]

by kireijuku | 2009-10-08 16:21

2009.10.2 1DAY「カラー講座ファシリテーター養成講座」   

 1日に「カラー講座ファシリテーター養成講座」を開催いたしました。2人の保育園児を持つ仕事も頑張りやお母さん、アロマの講師が決定し、カラー講座も今後開催するので、緊急でぜひ!とのご依頼でマンツーマンでおこないました。
 
 感動のうれし涙も交え、講座開催のスキルは勿論受け取り、この講座は感受性訓練、自己成長を時間を追うごとに体験的に感じ、人前で話す講座は初めてというこの方も、講座のイメージが具体的に持て、トークも自然でメリハリがつけられ、自信がついた、と大変に喜んで帰られました。
 
 カラー講座だけではなく、3~4名から10名、もっと多くても、グループカウンセリングの手法を取り入れた講座開催は、講師の魅力が発揮できて印象深くお客様の感動を呼び、成功の鍵なのです。

 講座の時間設定、流れをつくり、カラーセラピーワークをどうグループでまわすか実技で覚え、スタートから着地までイメージ化します。カラーワークの体験的楽しさ、応答、読み解き、のコツ、は勿論目玉ですが、何と言ってもトーク、トーク、トークが勝負の公開講座なのです。

 自分らしい位置で話す、自分そのものを伝える、このへんを自己覚知しながら、軌道修正しながら、選んでいくトーク、腑に落ちて身につけたら一生モノです。人に教えるお仕事の方、皆さんに知っていただきたい技法です。
 月に1回開催している公開講座「ハッピーカラーセラピー」は私がそのもの。ファシリテーター講座修了生の皆様は、ここに参加すると、あ~っ、あのことか、あ~っこういう風にやってるわけね、と私の意図が見えて楽しんでくださいます。その上で、全てその時の集中力で決まる究極のテクはまた今度!ASAKO
[PR]

by kireijuku | 2009-10-02 11:58