<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

2008.12.31 自分も人も悪化しない会話で締めくくろう!   

 自宅ではインターネットをしないため、今日は午後から事務所に来て、レポートを書いて、掃除は手抜きで、今、帰る前にこれを書いています。今年は父を看取り、新年のご挨拶を失礼させていただきますこと御容赦くださいませ。
 
 皆さまへの御礼やお返事がお正月おくれましたらごめんなさい。お問い合わせやご質問は何でもお気軽にメールいただけたら、出てきましてからお返事いたします!!
 
 来年は丑年、私も息子も丑年なもので、久しぶりに「うし」気分を味わいます。うし、というイメージは十牛図や様々に示唆に富んだ物語が各国にあります。
 
 そして、私が好きな感じは「鈍」でもあります。私はパシパシ生きれるタイプではなくて、29歳でうつになったり、子育ても遅かったり、子供も寝返りしたのが1歳で、それまで寝っぱなしだったり、言葉も遅くて私のことは「かぁ~」としかいえませんでしたが、おかあさんと言ってるとわかるし、全く気にしませんでした。
 
 カウンセラーとして自営で再スタートしたのは42歳、両親共にがん患者なので、この5年間も、介護と仕事と子育てしながら、できるくらいのカウンセリング業務や講座の開催で、ゆったり、ぼちぼち、鈍&鈍の人生だなぁと思います。
 そういう感じで、ずっと同じことに興味を持ち続け、学習し続けて、学校も何回も行き、今も学生です。
 
 私の興味は人間の謎を解くこと、しくみから解放されたら、もっと一人一人が幸せに豊かになることを開拓したいことです。
 
 それだけでハッと気づいたら、社団法人日本産業カウンセラー協会に入ってすでに20年以上、シニア産業カウンセラーになって16年、ASAカウンセリング研究所は開設6年目、NPO法人主催「カラー心理カウンセラー養成講座は」年内27(土)・28日(日)開催で、27期生となりました。
 
 ここまでやり続けてこれましたこと、本当に多くの皆様のおかげで、心から感謝しています。うし、でこれからも、来年は特にうしモードで行くことと思います。ゆっくりだけど、決めた道をまっすぐに、という思いです。

 今年の締めくくりに確認したい会話心理学の肝の言葉!!
「自分も人も悪化しないでサラサラと、したいことをして、なりたい自分になる」
 よく講座で説明しますが、これまでの人生でつかんだ私の確信です。

 来年は、色々なことが決まる年、だと思っています。
 貫く腹が決まる、進路が決まる、したいことが決まる、好きな人が決まる…
 
 決めたい方、ぜひ、講座や個人セッションへいらしてください。きっかけはご自分の中にあることを発見されます。
 決まりそうだからこそ、成功が怖い、幸せになるのが何となく怖い、うまくいきそうなことが怖い、そんな人にとって、自分がもっと幸せになってもいいという許可が出せる年になりますよう。
 
※クリスマス・カラーセラピー講座のご参加者の皆様、コラージュ2枚は保管しててくださいね。
春にまたおこなって、じゃばらにつないで今年をガッツでいく未来をデザインする連続講習したいと思います。これからご参加いただける皆様も、公開講座もお楽しみに!!
 
 良いお年を。
感謝を込めて。
ASAKO




 



 
[PR]

by KIREIJUKU | 2008-12-31 17:13

2008、12,25 「クリスマス講座」追伸 着物のこと!   

 講座で着物を着る第1の理由は、本当に本音なのですが「ぞうり」が好きなんです。というのも、ファション誌の編集者やファッションや美容の通販カタログ制作などに徹底して関わってきた時代から、コーディネイトの決めは「靴」に尽きると思っているのです。
 
それも、バランスをとるためのヒールの高さが大きな鍵ですから、若い頃は8~9cmヒールは当たり前で、そうでないとパンツスーツも今ひとつです。
 
ところが年齢とともに、長時間のハイヒールはキツイ!こんな日が来るなんて知りませんでした。勿論、変え靴持参で、乗り切っているときもあります。
 が、講演会ならともかく、全身全霊で1回でご参加者の意識変革や動機付けを呼び起こす覚悟で臨むカラーセラピー講座で、自分へ意識が向いたら申し訳なく、ローヒールのぞうりは理想的なのです。
 
 第2の理由は、紐でしばると意識が引き締まるのです。決して特別な嗜好癖ではないのですよ!人間が普段の生活で緊張しない部位への刺激(私は特にゆるゆるに着ていますので全く長時間でも大丈夫なのです)は、気持ちを日常から切り替えてくれ、よっしゃ!という気持ちに大いにしてくれます。
 
 第3の理由は、母や祖母のものも良く着ますので、今、隣の家で母の援助をしている上で、会話での回想療法の効果があり、母を楽しませる昔語りのきっかけになります。
 私も母や祖母を思い出し、多くの先輩の女性を慈しみ尊敬する気持ちがあらためて思え、感謝できます。
 
 第4の理由は、なで肩、ズンドウ、の私の体型に着物が補正なく、ぴったり合うのです。裄丈も短い私に、アンティーク着物の掘り出し物も見つかりやいです。
 
 第5の理由に、着物は流行にうとくなった自分をごまかせるのと、もともとコンサバ系なので、普遍的なものが好きですから、マッチしました。
 着物色はとても私の懐かしい原風景の色なのです。私が生まれ育った母の実家は、骨董品屋でした。
 なんでも鑑定団の世界で、様々な時代の絵皿や、大正時代の極彩色の着物や、古びて子供には到底価値がわからないいぶした色など、もう、色とものと歴史と人間の坩堝の世界でした。
 こういうことが、、私のカウンセリング、カラーセラピーへの価値感や広がりに大いに影響してると、いまさら思っています。
 
 こんな話と簡単着物着付けセラピーなども、ご要望がありましたら来年はやってみたい気持ちも湧いてきました!!

 ※今週末、27(土)・28日(日)の「カラー心理カウンセラー養成講座」への受講、年内ギリギリですが、タイミング合う方の受講を心よりお待ちしています。タイミング、です。   ASAKO
[PR]

by kireijuku | 2008-12-25 18:11

2008.12.24 「クリスマス・カラーセラピー講座」満員御礼で開催!   

 23日は嬉しいお天気で、約40名の皆様とご一緒に、2:00~5:00まで、まだまだお時間が足りませんでしたが、楽しく開催できて本当にありがとうございました!

 おやつの「クリスマスツリーの練りきり」は、ご自分で星のミニクッキーを頂上に飾り、ピンクとシルバーのキラキラ砂糖を散りばめて、とっても美味しくいただきました!おみやげは雪模様の白いお饅頭2個セットで、かわいいパッケージでお持ち帰り頂きました。(蒲田の「清野」の和菓子職人・春美さんへの贅沢なオリジナルオーダーです)
 
新しいインタビューワークや、趣向を凝らしたコラージュ、全ては「今を過去に入れるのではなく、今を未来に入れる」という、私がずっとコンセプトにしてきた会話心理学のベースがあるから納得になり、腑に落ちていただけます。
 
コラージュは心理療法としてより以前にピカソもおこなっているように芸術活動の要素が強いですから、できばえを見るのは芸術に秀でた方にお任せしたくなり、私の領域で扱うならお絵描きの要素をもっと上手い下手でとらえないような表現になるアートセラピーを創作して、今までおこなってきました。

 今回、コラージュをおこなわせて頂くにあたり、あらためて、先行研究されている多くの方の本や論文も読んで、注意深くおこないました。読み解きなどは、私のパッとした勘で申し上げていますが、何百人の方々と今までかかわってきました中で統計的に蓄積されているもので、根拠があることが大事だと思っています。
 
カラーセラピー、カウンセリングは、心を扱う分野だからこそ、地に足をつけた内容で、自分が学びおこなったことを何度も反芻しながら確信にし、人に言っていく必要を感じています。

直感の力は特別な方もいると思いますが、どなたでも学びと人間の関わり方の質によって培われ育つものだと思い、自分のひとりよがりな語りにならないよう、気をつけています。
 全て、何のためにセラピーをカウンセリングをするのかです。当然な勿論のことですが、深く自己洞察を促してくれる問いです。
 
 私にとってカウンセリングの目的は、とことん、クライエントさんのため、です。多くの皆さんと同じです。
 そのために、基本の傾聴訓練を徹底的に学び続けていく上で、積極技法を取り入れることへの探求に至りました。心理療法の各種療法は得意分野を4つくらい集中して取り入れ、プラス、色の導入に至ったということです。
 
 色が短時に相手とのラポールを形成でき、大脳での連想効果、共感覚効果で、内面を言語
化しやすい、という、今までの何千という個人・集団への講座や研修で腑に落ちたからです。

 求める方に現実できちっと役にたつこと、具体的な行動変容へ貢献できるカウンセラーであり
たいと思い、ここまで来ました。私がご提供できることがあり、求めてくださる方と一致したら、誠心誠意、お伝えしたいと思います。

 もし何らかでご興味を持っていただけましたら、個人セッションへ1回、いらしてください。
カウンセリングという枠を広げた、垣根をはらった、そして、お悩みや迷いや痛みや選択で今ちょっと止まってしまっているとき、次に行かれる転機のとき、1回でおこなう短期療法が私の関わりです。カラーはその時のタイミングにあわせたツールでご自由に体験していただき、探求し、示唆を得ていきます。
 
 2008年、多くの皆様に支えられ、励まされ、たくさん学ばせていただきました。
多くの出会いから喜びと感動と慈しみを貰いました。
 心より感謝を込めまして。ASAKO
[PR]

by kireijuku | 2008-12-24 11:16

2008.12.22 明日はクリスマス・カラーセラピー講座!!   

 今日、今は雨、冬の寒さを実感する日です。明日は皆さんがお越しになる日、お天気でお迎えできたらと祈っています。お忙しい中のご参加を心より感謝しています。
 この日のこと、私は開催を決めてから何回、夜、夢の中でシュミレーションしたでしょうか。毎度そうなのですが、もうすでに講座は始まっていて、何回も何回も私はしゃべってワークしています。明日は、その積み重ねの結果、明日にタイミングがぴったりのことを言えるだろうと、私は私を信用しています。
 ご参加者の皆様への感謝を込めて、お役に立つこと、これ1点が会話のじゅうたんなのです。
 
こんなことから、来年はご希望者が自由に「カラーセラピー講座」を各地域の様々な場所で開催できる、ファシリテーター養成講座を開講しようと思っています。グループカウンセリングの技法ですので、あらためて、私の持っている技法を構造化し言語化して、腑に落ちて身に付くようにご指導させていただきます。
 卒業生、また、カウンセリング、カラーに関わる皆様が、周りの多くの方を励ましていかれる活動を具体的に応援させていただきます。
 私はこの5年は、母が乳がんの闘病を支えた結果回復し、子供の夕飯を引き受けてくれて自営の再スタートをし、この2年間は食道がんの父の介護と今年春の看取りとともにありました。

 2009年は、自分の言い訳も感傷も受容して、フォローアップを十分できなかった申し訳なさもひっくるめて、世の中でNPO法人認定の「カラー心理カウンセラー」が活躍する舞台つくりを、道を切り開いていく思いでいます。
 また、個人セッションは、カラーを取り入れることで、短期療法として1日でクライエントさんが満足する結果を生み出すことに手ごたえを深く感じています。人をケアし人を励まし人に関わるお仕事のプロの皆様に、この短期療法のプロセスと技法をご活用いただけたら幸いです。

 明日、お天気で、お元気な皆様とお会いできますのを楽しみにしています!
今日、風邪キャンセルが2名出ました。もし急な参加ご希望ありましたら、直接2時に南青山会館へお越しくださいませ。心よりお待ちしています。
 転機の方、タイミングです。                             ASAKO

 
[PR]

by kireijuku | 2008-12-22 20:38

2008.12.6 「目の前のことが通り過ぎ今日がまた来た今日」について   

 当たり前の今日、普通に目が覚めて、ちょっと寝坊した土曜日、あ~っこれって何て幸せ!と思える今日でありたい、私です。人生は平凡です。その中で、イベントがなくては楽しめない、となると大変です。
 小さな事に喜べたら、これからの人生めっけもの!です。そうすると、特別なイベントの楽しみ方もぐっと濃厚になります。きっかけ、となる物語が上手につくれます。

 12月23日の「クリスマス・カラーセラピー講座」、大事な皆様方と、大事な日になることがワクワク感じられる毎日です。きっかけ、の日になることを予感します。
 
 それまでに、NPO法人主催「カラー心理カウンセラー養成講座」、「センセーション・カラーセラピスト養成講座」を受講される皆様との出会いに心ときめいています。
 
 今年の締めくくりに、人生脚本を変えて、来年からの新しい筋書きを自分の人生のデザインするワクワクした体験をともに共有し、物語からいよいよ現実を生み出すことを選んだ方同士の、濃密な養成講座、すごく楽しみです!

 恵比寿ガーデンプレイスに、事務所の通り道、行ってきました。今年もバカラの巨大シャンデリアが輝いています。そこにある光、色、私たちは平等に、恩恵を得ることができます。得ることを、見ることを、感じることを、選んだ自分、に与えられた恩恵です。

 自然界の色の変化も顕著です。昨日は突風でしたが、イチョウの木が葉を落とし、黄金のじゅうたんの道がそこここにでき、私は嬉しくて嬉々として、雨風の中、それを踏むしめて楽しくて、事務所に行くのが遅れました。
[PR]

by kireijuku | 2008-12-06 16:11

2008.12.3 「クリスマス・カラーセラピー講座」の厳選おやつ&おみやげ決まりました!!   

 六本木ヒルズのアーテリジェント・スクールの講座や、カラーセラピーの養成講座では、私が大好きな選び抜いたお菓子をお出ししています。
 12月23日に南青山会館で開催します「クリスマス・カラーセラピー講座」でのおやつコーナーは、毎回大好評の「色を食べる」シリーズです!
 和菓子職人の「和菓子処 清野(きよの)」の春美さんに特別注文した、クリスマスバージョンの極上生菓子をご用意!今日、蒲田でお願いしてきました。
 今までの練りきりと趣をかえて、クリスマスツリーをかたどる美味しい上生菓子(特別な最上素材)つくりに挑戦&パクッといただきます!です。緑のふわふわの素材をあんだまに竹串でつけて、かざりをチラチラと。南青山会館はお茶碗でお茶が飲めるのも和菓子にぴったり!
 表参道のクリスマス飾りも綺麗なので、ご参加の皆様に行き帰りも楽しんでいただきたく決めました。
 今回はコラージュ制作もしますが、このおやつ制作も「カラーイートセラピー!!」です。
おもやげは、まっしろな雪雪おまんじゅう、かわいい雪だるまちゃんつき(春ちゃん)にしました。楽しみです! 

 下記、春ちゃんのお店です。※クリスマスツリーの上生菓子が旬のお菓子に掲載されています。

お店の案内 (和菓子 清野)
--------------------------------------------------------------------------------
東京のはずれ、大都市''蒲田''のさびれた商店街の一角にたたずむ小さなちいさな和菓子屋です。季節を彩るおいしさと、ホッと心なごむひとときをおとどけしたいと願っています。(春美)
[おかあさんが子供達に安心して与えていただけるお菓子」という視点で、食べておいしく、より安全なお菓子作りをコンセプトに、国内各地から安全な素材を厳選し、出来る限り顔の見えるところから頂いています。
おだんごなどの定番ものから創作菓子、南蛮渡来の焼菓子など、一つ一つ真心込めた手作りの味をお楽しみください。
〒144-0053大田区蒲田本町1-7-5
9:00~7:30(日曜~6:00)
水曜定休(他都合により不定休有り)
フリーダイヤル
0120-80-2320
[PR]

by kireijuku | 2008-12-03 15:20