<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

2008.7.27 ASAカラーセラピー講座&納涼会 開催!!   

 d0027507_21461276.jpg
 久しぶりに事務所に皆様をお迎えしました。手狭で、食事会もするとテーブルは10名が定員いっぱいで、徳島県、千葉県など、遠方よりもお越しいただきありがたく、とっても楽しい時間を過ごせましたこと、心より感謝いたします。ご予定があってご参加できないご連絡いただいた皆様、またぜひ別の機会にお待ちしています!!
 今回はた~くさんの色から、人を色で言語化する練習会、初対面の方同士がほとんどでしたが、色の言い回しのヴァリエーション、さすが皆様とっても素敵でした。恋愛カラーカードセラピーもご体験いただき、納得!の気づきがありました。
 d0027507_21473547.jpg
 後半は、飲食しながら様々なお話で学び親しみあうひとときでした。キャンドル作家さんのご持参いただいたキャンドル(制作講座も気軽に受講できるそうです)を灯したり、脳科学のお勉強の話を伺ったり、どなたもたいへん色々な分野でご活躍、特性をもたれた皆様、偶然ではなく、人生にリハーサルはなく、お会いできましたこと、心より感謝を込めまして。ASAKO
[PR]

by kireijuku | 2008-07-28 16:20

2008.7.13 第16回「日本ホスピス・在宅ケア研究会 全国大会IN千葉」に参加しました!   

 私が師事する大熊由紀子先生(新刊「恋するようにボランティアを」ぶどう社)がコーディネーターをされる幕張メッセでのシンポジウム「もうひとつの我が家~施設でのターミナルケアを考える~」に参加してきました。かぶりつきの席で、登壇者のお話が胸にせまるようにはいってきました。
 登壇者は、特別養護老人ホームの責任者、デイケアホームの経営者、訪問診療の医師、5月に奥様を看取られたばかりの男性等、どなたも「よく生きてよく死ぬこと」を具体的に、自他ともの幸福を世の中に作り出すことを人生のテーマにされています。
 自宅では最後を全ては見切れない場合が多い現在において、居心地よく本人が過ごせる場所、最終的にどこで死ぬのか、はとても大事なテーマです。生きている今、親や自分ともどもに、満足いく最後のための過ごし方に、自分たちの意志をもつことは、たいへんに重要なことで、そのための学びや情報をうかうかはしていられない年代です。
 奥様を看取られて間もない男性、このような場で話すこともお辛いと思いますのに、これからの方のために、もっと施設はどうあるべきか、患者の家族もどうあるべきかを言葉にされに来られました。そして、ご自分の苦しみや後悔から1日も早く立ち直りたい、と。
 誰もが当事者意識をもって声をあげること、たいへんに学びました。
 今、看護・介護の現場は働く人が急激に減っています。お給料がたいへんに少ないにもかかわらず、過酷な仕事で、学校で学ぶ人も急速な減少です。そして、今後、自分の親や自分も必ずお世話になる方々、私たちの声で、国の制度によって、きちんと守って働き手の方を大事にして欲しいばかりです。
 最後に話された、奥様を看取られた男性、「あと2年生きていて欲しかったが、妻はまわりにとてもよくして貰った。それは、彼女が他人を利すること、を大事に生きてきたから。”よりよき「きずな」があれば、よりよきターミナルケアとなる」が結論だ、と言われました。

 カウンセラーも、「きずな」が大事というお話をさせていただきます。セラピールームで、クライエントさんの心の浄化が起こり感情が呼び起こされても、お帰りになるときはサラサラと、現実に戻っていただく流れが大切です。カウンセラーがいなくてもあなたは大丈夫だという空気。
 その上で、依存なく、何かあったら、またあそこに行くところがある、という信頼のきずな。
 人間関係も、ずっといると楽しいけれど、いないと寂しくて離れられないと、執着がまた苦しみを生みます。いられたらその時は楽しみ、いられないならそれはそれ、と、別のことに取り組める自分。そして、一緒にいたいと思いあい会えた時は、「今ここに」心があって素直にありのままに会話ができること。勝ち負けゲームを超えて、自分も相手も励ます会話、をすること。
 最後に残された財産は、きずな、という人間関係の慈しみの実感だと思うのです。
[PR]

by kireijuku | 2008-07-14 15:17

2008.7.9「ASAカラーセラピー講座&納涼会」開催します!お会いできますのを楽しみにしています!   

 今年は4月に父親を看取りまして、この13日~が新盆となり、まだ慌しく過ごしております。ハッピーカラーセラピー講座などフォローアップ講座の開催が不備で申し訳ありませんでした。
 NPO法人主催「カラー心理カウンセラー養成講座」受講の皆様、センセーション・カラーセラピスト養成講座を受講いただきました皆様、個人セッションにお越しいただきました皆様、本当にありがとうごございました。
 ご一緒に、色と心の世界を他の方に貢献するというパワーが、ここから発生し、この皆様方から、育っていくことを、心より感謝するばかりです。
 ちょっと手前で、心の重さや心の傷みを、色を導入にして話していただき手放して、これからの未来を創作する会話を見出すこと、いよいよ、人生脚本の書き換えです。
 そして、ご無沙汰していました皆様とお会いできましたらありがたく、7月27日(日)17:00~「ASAカラーセラピー講座&納涼会」を開催いたします。

 講座受講生の皆様、ご都合つくようでしたら、ぜひ、お会いできたら嬉しいです。講座終了後、お飲み物(アルコール&ソフトドリンク)、お食事(やっぱりこだわってしまいそう!)をご用意してお待ちしています。
初めての皆様、ホームページをご覧になってご興味いただいた皆様も大歓迎です。

 私の新刊「幸運を引き寄せるカラーセラピー」は、卒業生にはサブテキストに活用いただきたく、フォローアップになればとの思いで書きました。当日、色と心の話題提供や、12枚のカラーカードのヴァリエーションなど、楽しく食事しながらお話させていただきたく思います。

 ★「ASAカラーセラピー講座&納涼会」★
  日時:7月27日(日)17:00~20:00
  参加費:¥2,500 (定員あり・先着順)
  場所:ASAカウンセリング研究所(目黒事務所)
  ※今、気になる、身につけたい色をどこかに!
  ※メールにてお申込みください
 
[PR]

by kireijuku | 2008-07-09 14:50