<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

6.20 大阪へ日帰りで行ってきました!   

 大阪は私の尊敬する素敵な女性が住んでいます。会いたくなって仕事と合わせてお昼の新幹線に乗りました。お仕事帰りの彼女との、夕方待ち合わせまで、大阪探検するのも楽しみに!
 大阪は20代の時に研修会社を仲間と運営し、念願の大阪にも根拠地ができ、月何回も往復していたこともあり、大好きな場所です。大阪の皆さんは鋭く本物かどうかを見抜かれます。人間としてウソがないか、格好だけのハリボテではないか、と。そんな皆さんとかかわりのおかげで自己一致という概念を頭だけではなく、身に染めたい!!と意識し大事にしてこれたのだと思います。
 さかのぼれば、MCシスター編集者時代も大阪ファッションに憧れて、たくさん取材にも来ました。特にアメリカ村はサーファーだった私のファッションの先生で、興奮して歩き回ったものです。フラフラしていたら、その辺りにいて、三角公園があって、もうすっかり浦島状態でしたが、良い若い時代だったな、とふるさとウォークしました。
 今回大阪の初びっくりは、エスカレーターが右側にみんな並んでいたこと。いつも通り左側で止まって乗っていたら、あれ!!つくづく常識って自分の狭い枠でもあると思いました。さらに、びっくりは、電車に乗れば隣の杖をもたれた年配のご婦人2人がものすごくしゃべっていること。聞こえてきたのは、店の店員の話し方への文句文句!しゃべるはしゃべるは止まらない、そして、聞くバランスもうまいから、お互いが止まらないのです。見事な会話のテンポに大阪魂を感じました。
 夕方、友人にお好み焼きやさんへ連れて行ってもらい、美味しかった~!そして今日の体験を話したら、「大阪人は文句言えなきゃ生きていけない」「息子が新入社員として一言を言うのに、笑いとらにゃあかんから頑張った」と報告した、という、まるで、よその国にいるようでした。
 自分の気持ちが上手くいえなくてストレス、という話が多いところから、ぽ~んと飛びたてました。罪悪感、恐れから飛び立つための、様々なかかわり、いつも新しい視点を探し探求しています。個人セッションでは、その呪縛からの解放をおこないます。
[PR]

by kireijuku | 2007-06-21 12:45 | 実施セミナーレポート2007

6.14 バラの花束   

  先日の日曜日の17:00~の日産提供のラジオドラマに私の新刊「あなたを幸せにする色の魔法 ハッピーカラーセラピー」から、色の内容をご活用していただいたご縁で、脚本家の方にいただいたのが写真のバラの花束。大変お忙しい中、ローズギャラリーでセレクトしていただいた最高級品と理解します。d0027507_10591914.jpg
 1本1本バラの花の名前と産地と特色のプレートが付いています。カラーセラピーの内容に呼応するように、各色のバラともに背景があり、誕生のストーリーがあり、色の奥行きをまた教えていただきました。

 父の日の前でしたので、両親の部屋のリビングに飾り、ゆっくり堪能してもらい、大変喜んでいます。色は年代も性別も性格も超えて、本当に幸せをもたらせてくれます。
 色で心を言語化し、コミュニケーションを豊かにし、自己理解、人間理解を深めたい、その入り口ができる「カラー心理カウンセリング」、私がバラの花から父の気持ちを話してもらい、母から思いをスッキリ出してもらう、毎朝恒例の会話です。

 NPO法人「カラーカウンセリング&会話心理学研究会」委託の「第1回カラー心理カウンセラー養成講座」の開催が決定いたしました。お申し込み順で少人数限定で、7月28日(土)・29日(日)11:00~18:00で行います。今までお問い合わせいただき、お待ちいただいた皆様にお詫び申し上げます。タイミングが良かったら幸いです。心よりお待ちしています。
[PR]

by kireijuku | 2007-06-18 13:37 | 実施セミナーレポート2007

6.14 「セレナ川崎」ミセスのハッピーカラーセラピー講座開催!   

 川崎農協女性経営者サークルの講演で「ハッピーカラーセラピー講座」をおこなってきました。銀行業務の建物の上にあります素晴らしい会議室でした。
 13名のミセスの皆様、どなたもご家族を支え、管理するお仕事もたくさんおありで、大変お忙しい方々でした。貴重なお時間をいただき、しばし日頃のお疲れを癒していただきたいと盛りだくさんのカラーワーク体験で盛り上がっていただきました。
 50代~70代の皆様と伺いましたが、驚くことに皆さんが色とりどりのファッションでとてもお洒落だったこと!年齢とともに、黒や茶、くすんだ色で歳相応、とされがちなのに、なんて素敵なのかしらと思ったのです。
 皆様とのお話が進むにつれ、ある方は朝のひまわりの黄色に感動したこと、介護で大変だからこそピンクを着ていること、黄色いジャケットを着たかったこと、これからは赤を着たいというご年配、なんて自由性があり可愛い女性たちかしら!と、若輩の私が僭越ながら思い、自然と大地を育て守っていらっしゃる女性の大きさならではと感じました。
 朝取りきゅうりの浅漬けをた皆さんと一緒につまみながら、これが絶品で美味しいこと!お土産にもいただき、ぺろりと1人でいただきました。朝取りズッキーニ、これは輪切りにして炒め、朝のサラダにしたら、なんて甘みがあって美味なことか。当たり前のようになさっている日々の手入れやお付き合い、全てプロ級・プロ技集団のミセスたち、只者ではありません!!
 ご一緒のお時間、美味しいお土産どら焼きも、ありがとうございました!
[PR]

by kireijuku | 2007-06-18 13:18 | 実施セミナーレポート2007

6.11 母校の「大妻女子大学」各キャンパス購買部で、私の本が置かれます!   

 ご縁があって、東京・九段の大妻女子大学と他のキャンパスでも、新刊「あなたを幸せにする色の魔法 ハッピーカラーセラピー」が、学校内の購買部の書籍コーナーで置いていただくことになりました。ありがとうございます!
 懐かしい千代田区三番町の地で、学生の皆様を見ると、自分もこの前までああいう感じだったと、ずうずうしくもタイムスリップしたようです。25年~30年くらいたった今、姉心・母心で、行きかう学生の皆さんが全員幸せで自分らしく輝いていただきたいと、できるものなら何か応援したい気持ちでいっぱいでした。
 久しぶりに訪ねご案内をしていただいた、母校の大妻中学・高校、大学校舎は素晴らしい建物に新しくなっていました。母と一緒に行き、母も興奮気味!!母も大妻の卒業生で、なんと60年ぶりに大学の校舎へ来て、昔話に花が咲きました。まだ大妻専門部といった時代、S24年卒という歴史で、学校のイベントの準備で遅くなったある日、なんと皆で創立者の大妻コタカ先生の近所の自宅に泊めていただき、朝ごはんも一緒に食べたそうです。あたたかな学校の風土やずっと貫かれている良妻賢母+自律した女性を育む精神をあらためて感じました。
 コタカ先生ご自身が24歳で家塾を創始し、生涯を女子教育に捧げた女性です。
 マルに糸巻きのバッジ、「恥を知れ」の校訓、「ごきげんよう」のあいさつ、なんだか、忘れていましたが、ちょっとおっとりして引っ込み思案ですが、女性だからと甘えず負けず嫌いになった私自身の原点のようで、良い教育を受けさせてもらったと、こんな風に意識しはじめて思ったのでした。「恥を知れ」の校訓は、あくまでも自分に対して「恥を知れ」という意味で、感謝と礼儀、自分を律する心と、ちょっと止まって、また自分のふるさとウォークで完了と感謝をしました。
 中学時代は生徒会長をさせていただいたり、弁論大会で優勝したり、担任の先生方もありがたいことに覚えていてくださりお話できて、本当に感謝はつきず、恩返しできる人間に成長したいと思いました。
 ふるさとは、あたたかくて懐かしく未来への励ましをもらえる場所、「ふるさとウォーク」は皆様にもお薦めです。
[PR]

by kireijuku | 2007-06-18 11:50 | 実施セミナーレポート2007

6月2日・3日「産業カウンセリング 第37回全国研究大会中部大会」参加&発表してきました!   

 岐阜に行くのは初めて!うれしい楽しい気分と、今回は「各種療法を学ぶ」という分科会で、私の「カラーカウンセリングを取り入れた産業カウンセラーの取り組み」の発表が採用されて、ドキドキでもありました。名古屋から岐阜駅、バスで会場の長良川国際会議場&岐阜都ホテルへ。緑が光によって変わる生き物ような存在感ある金華山、てっぺんにそびえ歴史をつくり動かし見守ってきた岐阜城、鵜飼で名高い長良川、と眼前に光景が広がります。
d0027507_904338.jpg
 今年の大会テーマは「日本的な働き方とその未来~働く人々の自律と産業カウンセラーの役割」で、基調講演は日本の格差社会の現状と今後の課題、解決策への鍵を投げかけるものでした。その中で、どうやって、何を、働く方々へのサポートをおこなっていくか、産業カウンセラーの仕事を創作していく必要性をヒシヒシ感じた私です。
(ご興味ある方は(社)日本産業カウンセラー協会HPをご覧ください)

 夜は懇親会、盛大な集まりで、主管の中部支部の皆様とお話できてありがとうございました。準備から運営まで裏方でお世話いただきまして、本当に感謝するばかりです。途中から「鵜飼」見物に行くバスに乗り込み、川岸へ。参加者1600名中、200名くらいの希望者が次々と屋形船に乗り込み、それはそれは風情があって、かがり火の焚かれた岸辺を進む様子は1300年の歴史へ気持ちを馳せてくれました。
 鵜匠の方は6名の宮内庁の役職、風折烏帽子のかぶり方で個人が識別できます。青や黒の装束は、鵜が怖がらないようにとか、まるで親子のようなコンビネーションを感じ、青の母性を感じました。一幕の絵巻物のような鵜飼の様子を見学し、帰途へ。
ホテルでゆっくり、窓からは金華山と岐阜城と星、その並びには満月!!最高の夜景でした。
 朝一番の発表と思うと朝は5時に起き、外を見ると朝日が昇りあたり一面輝いていて、金華山は素晴らしい緑!感動のエネルギーで力が満々として、本当に自然の色と光は惜しげなく愛とパワーを与えてくれます。

 d0027507_912517.jpg第10分科会は、隣接する岐阜都ホテル2階青葉の間、素敵な会場でした。参加者の皆様には、入り口で400枚(司会の乾さんの賢いお知恵で、用意分を半切して倍に!)から、今心に魅かれる色を1枚選んで入場をお願いいたしました。
 発表者4名の一番で、ドキドキでした。そして、わざわざ貴重なお時間をここにご参加いただいた皆様に感謝いっぱいで、カラーを導入に使うカウンセリングについて、パワーポイントと色紙ワークで体験していただきました。素晴らしいご質問をいただきました。コメンテーターの荒井通子先生から、新しい取り組みの可能性を励ましていただき、来年の参加もご期待いただくお声かけを本当にありがとうございました。

 色は私に勇気と励ましと、こうして多くの方との出会いと結びつきを与えてくれました。発表を聞いていただいた皆様、本当にありがとうございました。今後の研鑽を誓い、心より感謝を込めて。ASAKO
[PR]

by kireijuku | 2007-06-06 11:53 | 実施セミナーレポート2007