<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

「横浜すぴこん」に行って来ました!   

 6月18日開催「横浜すぴこん」の”すぴこん”と、は知る人ぞ知る「スピリチュアル・コンベンション」の愛称!と知ったのはつい最近。古くからの尊敬する友人が当日会場での講演をおこなうにあたり、楽しみに出かけました!
  会場は横浜ワールドポーターズ6階、場所狭しと「癒しとスピリチュアルの見本市」は大盛況でした。友人の中本雅子さんは「セルフ・セラピーカードによる人生の罠とギフト」という内容で1時間半、ワークも入れた素晴らしいセミナーでした。ぎっしりの参加者の中で、私も自分自身にぴったりの自分への振り返りを得ました。カードを通して説明される中本さんオリジナルの人生の見方がとても腑に落ちて、罠とギフト、とされたタイトルに大納得!人生の深い部分で得たものの多いセミナーでした。カード・カウンセリングのブースでは予約殺到で、私も見てもらいたかったのですが残念ながら次回に!
 当日は著書「がんから教わるワンショットセラピー」を購入、近刊の「完璧コーチング術」も今すぐ使える役立つ内容で、中本さんが世の中に提供されようとしているスタンスが伝わってきます。”人に具体的に貢献すること”を人生の目的にされていらっしゃると思う私です。感謝を込めて。☆中本雅子さんのホームぺージ http://users.ejnet.ne.jp/~masako-9/

 私もありがたいことに、9月23日(土)秋分の日「横浜すぴこん~輝き~」で講演させていただきます。「カラーセラピー&会話心理学~色で見つける本当の私」。会場は横浜ワールドポーターズ6階です。ご都合よかったら、すぴこんにご興味のある方は遊びにいらしてくださいね。
 
※その前には、7月29日(土)2:30~六本木ヒルズ・アーテリジェントスクールで講座をおこなわせていただきます。いらしてくださいね!お会いしますのを楽しみにしています。
[PR]

by kireijuku | 2006-06-20 17:04

130名の「自分の花を輝かせる会話」   

 川崎市で開催させていただいた女性セミナー「カラーセラピー&会話心理学」~自分らしく輝いて~(6月11日)に、130名もの皆様がご参加くださり、お会いできましたことに心から感謝申し上げます。d0027507_1755018.jpg
 20代~40代~の女性の皆様と、右脳を使ったお絵描きや、会話心理学の肝心である「聞き上手」に注目した会話のワーク等を体験していただきました。初対面の方とも会話のテクニックを超えた心の扉の開け方次第で、短時間でも会話が楽しくて盛り上がることを味わっていただき、会場一杯に笑い声やおしゃべりが充満しました。
 どなたももっと輝きたい、自分らしく輝いて生きたい!と思っていると思います。そして、コミュニケーションがうまくなりたい、人間関係が楽になりたい!と言われます。会話がすべてを解く鍵です。人から嫌われている、なんとなく孤独、人との距離感がわからない…等。自分が嫌われているのでもなく、距離感がとれない人間でもなく、会話が嫌われている、のです。距離感のバランスをとる会話を学んでこなかった、だけなんです。私は今でこそ、こんな風に講座や講演、研修をおこなわせていただき、「人間関係が楽になる会話心理学」という本を書きましたが、私くらい会話が下手で「普通に話しなさい」「何言ってるんだか、何考えてるんだかわからない」と良く言われるほど会話ベタだったんです。

 会話は学校でも社会でも教えてくれません。そのくせ、最近5年間の就職採用の条件は「コミュニケーション」が一番です。たまたま商売屋に生まれ、会話の様々なタイプを聞き身に付けた友人がいました。私は会社員のごく普通の家に生まれ、父も忙しく会話の少ない家庭で育ちました。その上小児喘息で家にいることが多い子供時代でした。
 私は会話にはクセがあることを知りました。たまたまの環境で、相手に話すクセと自分に言い聞かせるクセがあります。自動的な禁止令は人間関係における様々な会話となってあらわれます。そして、それは書き換えられます。
 私はとてもひがみっぽくて、お土産が私のところにちょうどこないと「私なんて嫌われてるからくれないんだ」「どうせ私は何の魅力もないし」と思う卑屈な人間なんです。ただ、だからこそ、どうしたら、あんな風にあっけらかんと「私にもくださ~い!」と明るく言えるんだろう、もらえなくても卑屈に思わないで済むんだろう、と小さい頃からずっと考え人間を見続けてきました。d0027507_1761369.jpg

 私自身が若い時代、わかっていながらもできない多くの未熟な会話で、誰にもある会話のクセとクセで反応しあって対立したり、会話のクセに反応して相手を判断したりし、会話のクセによって人間関係を失うことのもったいなさを知りました。
 130名の方と短時間でしたが、会話の楽しさを味わっていただき、会話は人を殺すほどの威力もあり、同時に絶望のどん底から立ち上がらせる励ましも送れる、その会話を私たちはどう使っていきたいのか、会話心理学の一端でも日常生活で役立てていただけたら幸いです。
 テクニックではない、”生きることが会話すること、自分も他人も励ます会話をすること、未来を創作する会話をすること”、私自身、一生探求の究極の会話です。
 お会いできました皆様が自分らしい本質を輝かせる会話、これこそ世界中で自分だけの、周りにたくさんの喜びや楽しさの花を咲かせる幸福の会話です。
 お会いできましたことに心から感謝を込めまして。
[PR]

by kireijuku | 2006-06-16 12:01 | 実施セミナーレポート2006

(社)日本産業カウンセリング協会 全国研究九州大会にて   

d0027507_14155100.jpg
日  時:5月27-28日
会  場:福岡アクロス
参加者:約2,000名

●第4分科会
「各種療法を活用した産業カウンセリングの実践」
☆産業カウンセリングとカラーセラピーの融合☆
シニア産業カウンセラー:池田朝子

 OHPで活動報告をさせていただき、色で自分を知ることが、カウンセリングの入り口に活用できることを今までの2年半での1,000人ほどの方とのかかわり(個人セッション、グループワーク、研修、講演)から、具体的にどのようにおこなっているかを発表しました。
 
 ★カウンセリングというと、病気の方が受けるもの、心が弱い人が受けるもの、と敷居が高く思うものですが、産業カウンセラーは、もっと身近に、人間関係で苦しくなったとき、未来への不安、希望が見えないとき、心が大きく傷んでしまう前に会って話しを聞いてもらうことでスッキリ、心がホッと暖かくなる、勉強は怠らない、そして親しみと割と面倒見のいい人間性の人、としてありたいと思います。
 ★カウンセリングのきっかっけに色を使うことは、人間誰もが集合的無意識があるとしたユングの理論に色もあてはまり、色は万人に共通のイメージがあるため、その色を選ぶことからお気持ちを察して聴いていくことができます。反対に、色はその方にしかわからない固有の体験があり、そこにかかわることで色が入り口になって様々な思い出やわだかまりも話されていきます。
 ★「傾聴」を基礎にするのは絶対で、その上で、交流分析、マイクロカウンセリング、ゲシュタルト療法、コーチングなど聞き方のヴァリエーションを増やすことを様々に学んで取り入れてまいりました。婦人画報社を退社後の20年前研修会社の立ち上げから参加し、アメリカ・シアトルのコンサルティング会社からの集中研修や、週2~3回のコーチを自分たちが体験しながら教育を長く受けました。まだ日本にコーチングという名前がなかった時代です。
 そして、やり方にこだわることなく、柔軟に対応できる自分自身の成長、目の前の相談者の方のためになること、この一点のみ、と思っています。
 色から入るカラーカウンセリングも、矛盾のようですが、色を活用しながら色から離れることが自由にでき、傾聴の基本姿勢を揺るがせない事が肝心だと思っています。

「何のためにカウンセリングするのか」

 絶対的なこの目的から私自身がぶれず、この問いに真摯に向き合うことをあらためて深く思い報告させていただきました。多くの諸先輩の皆様に寛大に受け入れていただき感謝の思いでおります。

 今後もカウンセリングを学びあう皆様とともに、たゆまず力をつけて、心を磨いて行きたいと思い、今、心理学部の通信教育部の大学生でもある私です。

d0027507_1561748.jpg

5月号「産業カウンセリング2006・5」の裏表紙に池田朝子の著書
「人間関係が楽になる会話心理学」が紹介されています。ありがとうございます。
d0027507_1485824.jpg
[PR]

by kireijuku | 2006-06-02 01:35 | 実施セミナーレポート2006

カラーセラピー&会話心理学講座「接客上手になって愛されるスタッフに」   

日  時:5月26日(金)6:30~8:30
会  場:青山こどもの城 研修室
参加者:42名
主  催:株式会社日本医学出版 ヘルスケアアカデミー研究所

 山形、茨城、栃木、神奈川、そして都内各所からお忙しいお仕事の皆様方のご参加をいただき、本当にありがとうございました。d0027507_039577.jpg
 美容学校の先生、美容サロンオーナー、スタッフ、カラーセラピスト、色に関するお仕事の方もたくさん、そして私の講座に度々ご参加いただいている方々、色を選んで深層心理を読み解くワーク、会話心理学の入り口の日常会話を変える体験、夢を深層心理に入れる塗り絵ワーク。楽しくワイワイ会話が弾んで、初対面とは思えない親密性を体験していただきました。

 全て、会話で起こせるのです。これを、お店で、スタッフにお客様に、身近でご家族にお子さんに、友人に。自分を変えるにはコツがあります。2時間の講座でしたが、ぎっしりエキスを皆様に手にしていただきたくおこないました。

d0027507_0401530.jpg 反響が高く、接客にいかせる!とのお声、ご要望に、次回は1日研修でしっかりお伝えできる講座も企画しています。人間とかかわるお仕事の皆様にご活用しがいのある内容です。ご興味がある方はメールでお問い合わせくださいませ。
お会いできましたことに、心から感謝を込めて。
[PR]

by kireijuku | 2006-06-02 00:51 | 実施セミナーレポート2006