<   2005年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

ドリアンの気づき   

バリ島で嬉しいことのひとつは果物の王様といわれるドリアンが安~く食べられることです。収穫時期には村の通りで買えますが、スーパーに出る時もあり美味しそうなものにあたればラッキーです。ニオイがものすごいので、ホテルへは持ち込み禁止なのですが、こっそり皆の視線も無視してロビーを突破します。d0027507_4491127.jpg 
 
 イガイガの外側をパカッと割ると中がお部屋に分かれていて、そこにバナナよりもねっとりした実が美しく並んでいます。口に含むと至福の味わいに無言のままむさぼるように種までしゃぶりつくし、いじきたなく、まだ実がないかと探したり…。

 という私ですが、1回目に友人宅で出された時は、もう置いてあるときからニオイがすごく台所のゴミが発酵したようで、どうにか口に入れるともう卒倒状態でした。2回目に食べた時からは、この世のものとも思えない美味の虜に!1回目の私に起こっていたのは、ニオイが概念を強力に生み出し、味わうまでもなく、今そこにある味を味えなかったということです。

 2回目は美味しそうに食べる友人をみて学習し挑戦した結果、ニオイを払拭するほどの美味しさがニオイから連想する味の概念に勝ったわけです。今を食べられたのです。1回でやめていたら、ドリアンは臭くて食べられない、という人生でした。
 
 こんなことって、まわりの人間関係や、したいと思うことや、着たいと思う服や、自分のゼイ肉に関しても起こっているように思います。突破する分岐点を勇気で超えたものだけが味わえる醍醐味という大げさな言い方をすれば、臆病な私もささやかながら超えることを覚えた10年くらい前の出来事です。「本当のことは目には見えないんだよ」と言った星の王子様の言葉を思い出します。
[PR]

by kireijuku | 2005-05-13 10:00 | 産業カウンセラー