カテゴリ:実施セミナーレポート2006( 6 )   

7.29六本木ヒルズ・アーテリジェントスクール講座、大成功に感謝を込めて!   

 「カラーカウンセラー&会話心理学」講座を2・30~4:30で開催させていただきました。
とても素敵な六本木ヒルズ49階会場は背景のプラインドを開くと、霞に包まれた49階からの展望が広がります。
 お忙しい中のお休みの貴重な土曜日のお時間をご一緒させて頂きました46名のご参加者の皆様、本当にありがとうございました。
 私の各講座を受講されている5名が真心から学びの気持ちでボランティアでスタッフをしてくださいました。前日深夜まで、皆様にご提供する細部の打ち合わせを重ね、1回1回の開催と出会いを心より大切に、感謝を込めておこなわせていただきました。
 自分のお花を描いて頂いたアートセラピーでは、紙に塗り付けたい色を自由に塗りながら描き、なぜかその色でそのように描きたかった今、絵に込められたご自身の本質のパワーやこれからの希望を色から読み解いていきました。d0027507_3185442.jpg
 そんな風に普段とは少し視点を変えて自分を見てみること、人生をちょっと止まって、今までを完了し慈しむことはとてもいい感じです。その上で、今の自分を見つめ承認してあげること、ストレスを癒すことが必要です。講座ご参加自体に、癒される体験ができ未来へのパワーが増すよう進めていきました。

 会話心理学に基づいた会話のしくみを凝縮してワークしていただきました。コミュニケーションをもっと良くしたい、そのためには自分の会話のしくみと、相手の会話のしくみを知ることから始まります。少しの体験でしたが、会話は人生を楽しくもするし、寂しくもするし、言葉ひとつで人を傷つけ、反対に一言の励ましが人生を蘇生させます。
 
 そしておやつタイムに合わせた素晴らしい企画、和菓子職人の「HARUMI」さん、通称はるちゃんの「練りきり」を使ったカラーカウンセリング!味にこだわり全て天然色素で色だしをし、牛皮ではなく芋が素材ならではの滑らかな上質の味わいは、春ちゃんの味へのこだわりが産んだ傑作です。d0027507_3202571.jpg選んだ色を載せて茶巾しぼりにして頂き”美味しい”の声が一杯の中、選ばれた3色を読み解いていく公開カラーカウンセリングをおこないました。当たってる!!と様々に感想をいただき、あてはまっている、ことを通して、コミュニケーションのツールに色を、そして会話の心理を学んでいただきたく思うばかりです。
 最後に、当日夜の墨田川花火大会にちなんで「花火塗り絵」ワークをおこないました。ご自分の可能性を開いて輝かせて頂きたい思いを込めて。そしてご自分の夢を自分と会話し、今を過去に閉じ込めるのではなく、未来を開く会話を話させて頂きました。
 終了後、30名くらいの方が残ってくださり、個人的にそれぞれの絵からのカラーカウンセリングをご希望者全員にさせていただきました。短時間で申し訳ありません。
 1時間~2時間ほどゆっくりカウンセリングできたら深く様々におこなうことができます。個人セッションで多くの方が過去を完了し人生脚本を書き換え未来の変化をつくってこられました。ご希望がありましたらメールでご予約くださいませ。

 先日乗ったつくばエクスプレスで人生のあっという間の長さを感じ、人との出会いこそ宝と思った私です。皆様にお会いできましたことに心から感謝を込めて。主催者のセッティングがあってこそ開催でき感謝は言葉では言い尽くせません。スタッフの皆様には臨機応変に的確な進行をしていただき、心を尽くして頂き、心より尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。
 皆様とまたお会いできます日に!ASAKO

d0027507_3234647.jpg
※和菓子処清野(春ちゃんのお店です)www.sm.rim.or.jp/~tkono/kiyono.html
昨年アーテリジェントスクールでも登場された
有名女性和菓子職人です。
[PR]

by kireijuku | 2006-07-31 12:11 | 実施セミナーレポート2006

130名の「自分の花を輝かせる会話」   

 川崎市で開催させていただいた女性セミナー「カラーセラピー&会話心理学」~自分らしく輝いて~(6月11日)に、130名もの皆様がご参加くださり、お会いできましたことに心から感謝申し上げます。d0027507_1755018.jpg
 20代~40代~の女性の皆様と、右脳を使ったお絵描きや、会話心理学の肝心である「聞き上手」に注目した会話のワーク等を体験していただきました。初対面の方とも会話のテクニックを超えた心の扉の開け方次第で、短時間でも会話が楽しくて盛り上がることを味わっていただき、会場一杯に笑い声やおしゃべりが充満しました。
 どなたももっと輝きたい、自分らしく輝いて生きたい!と思っていると思います。そして、コミュニケーションがうまくなりたい、人間関係が楽になりたい!と言われます。会話がすべてを解く鍵です。人から嫌われている、なんとなく孤独、人との距離感がわからない…等。自分が嫌われているのでもなく、距離感がとれない人間でもなく、会話が嫌われている、のです。距離感のバランスをとる会話を学んでこなかった、だけなんです。私は今でこそ、こんな風に講座や講演、研修をおこなわせていただき、「人間関係が楽になる会話心理学」という本を書きましたが、私くらい会話が下手で「普通に話しなさい」「何言ってるんだか、何考えてるんだかわからない」と良く言われるほど会話ベタだったんです。

 会話は学校でも社会でも教えてくれません。そのくせ、最近5年間の就職採用の条件は「コミュニケーション」が一番です。たまたま商売屋に生まれ、会話の様々なタイプを聞き身に付けた友人がいました。私は会社員のごく普通の家に生まれ、父も忙しく会話の少ない家庭で育ちました。その上小児喘息で家にいることが多い子供時代でした。
 私は会話にはクセがあることを知りました。たまたまの環境で、相手に話すクセと自分に言い聞かせるクセがあります。自動的な禁止令は人間関係における様々な会話となってあらわれます。そして、それは書き換えられます。
 私はとてもひがみっぽくて、お土産が私のところにちょうどこないと「私なんて嫌われてるからくれないんだ」「どうせ私は何の魅力もないし」と思う卑屈な人間なんです。ただ、だからこそ、どうしたら、あんな風にあっけらかんと「私にもくださ~い!」と明るく言えるんだろう、もらえなくても卑屈に思わないで済むんだろう、と小さい頃からずっと考え人間を見続けてきました。d0027507_1761369.jpg

 私自身が若い時代、わかっていながらもできない多くの未熟な会話で、誰にもある会話のクセとクセで反応しあって対立したり、会話のクセに反応して相手を判断したりし、会話のクセによって人間関係を失うことのもったいなさを知りました。
 130名の方と短時間でしたが、会話の楽しさを味わっていただき、会話は人を殺すほどの威力もあり、同時に絶望のどん底から立ち上がらせる励ましも送れる、その会話を私たちはどう使っていきたいのか、会話心理学の一端でも日常生活で役立てていただけたら幸いです。
 テクニックではない、”生きることが会話すること、自分も他人も励ます会話をすること、未来を創作する会話をすること”、私自身、一生探求の究極の会話です。
 お会いできました皆様が自分らしい本質を輝かせる会話、これこそ世界中で自分だけの、周りにたくさんの喜びや楽しさの花を咲かせる幸福の会話です。
 お会いできましたことに心から感謝を込めまして。
[PR]

by kireijuku | 2006-06-16 12:01 | 実施セミナーレポート2006

(社)日本産業カウンセリング協会 全国研究九州大会にて   

d0027507_14155100.jpg
日  時:5月27-28日
会  場:福岡アクロス
参加者:約2,000名

●第4分科会
「各種療法を活用した産業カウンセリングの実践」
☆産業カウンセリングとカラーセラピーの融合☆
シニア産業カウンセラー:池田朝子

 OHPで活動報告をさせていただき、色で自分を知ることが、カウンセリングの入り口に活用できることを今までの2年半での1,000人ほどの方とのかかわり(個人セッション、グループワーク、研修、講演)から、具体的にどのようにおこなっているかを発表しました。
 
 ★カウンセリングというと、病気の方が受けるもの、心が弱い人が受けるもの、と敷居が高く思うものですが、産業カウンセラーは、もっと身近に、人間関係で苦しくなったとき、未来への不安、希望が見えないとき、心が大きく傷んでしまう前に会って話しを聞いてもらうことでスッキリ、心がホッと暖かくなる、勉強は怠らない、そして親しみと割と面倒見のいい人間性の人、としてありたいと思います。
 ★カウンセリングのきっかっけに色を使うことは、人間誰もが集合的無意識があるとしたユングの理論に色もあてはまり、色は万人に共通のイメージがあるため、その色を選ぶことからお気持ちを察して聴いていくことができます。反対に、色はその方にしかわからない固有の体験があり、そこにかかわることで色が入り口になって様々な思い出やわだかまりも話されていきます。
 ★「傾聴」を基礎にするのは絶対で、その上で、交流分析、マイクロカウンセリング、ゲシュタルト療法、コーチングなど聞き方のヴァリエーションを増やすことを様々に学んで取り入れてまいりました。婦人画報社を退社後の20年前研修会社の立ち上げから参加し、アメリカ・シアトルのコンサルティング会社からの集中研修や、週2~3回のコーチを自分たちが体験しながら教育を長く受けました。まだ日本にコーチングという名前がなかった時代です。
 そして、やり方にこだわることなく、柔軟に対応できる自分自身の成長、目の前の相談者の方のためになること、この一点のみ、と思っています。
 色から入るカラーカウンセリングも、矛盾のようですが、色を活用しながら色から離れることが自由にでき、傾聴の基本姿勢を揺るがせない事が肝心だと思っています。

「何のためにカウンセリングするのか」

 絶対的なこの目的から私自身がぶれず、この問いに真摯に向き合うことをあらためて深く思い報告させていただきました。多くの諸先輩の皆様に寛大に受け入れていただき感謝の思いでおります。

 今後もカウンセリングを学びあう皆様とともに、たゆまず力をつけて、心を磨いて行きたいと思い、今、心理学部の通信教育部の大学生でもある私です。

d0027507_1561748.jpg

5月号「産業カウンセリング2006・5」の裏表紙に池田朝子の著書
「人間関係が楽になる会話心理学」が紹介されています。ありがとうございます。
d0027507_1485824.jpg
[PR]

by kireijuku | 2006-06-02 01:35 | 実施セミナーレポート2006

カラーセラピー&会話心理学講座「接客上手になって愛されるスタッフに」   

日  時:5月26日(金)6:30~8:30
会  場:青山こどもの城 研修室
参加者:42名
主  催:株式会社日本医学出版 ヘルスケアアカデミー研究所

 山形、茨城、栃木、神奈川、そして都内各所からお忙しいお仕事の皆様方のご参加をいただき、本当にありがとうございました。d0027507_039577.jpg
 美容学校の先生、美容サロンオーナー、スタッフ、カラーセラピスト、色に関するお仕事の方もたくさん、そして私の講座に度々ご参加いただいている方々、色を選んで深層心理を読み解くワーク、会話心理学の入り口の日常会話を変える体験、夢を深層心理に入れる塗り絵ワーク。楽しくワイワイ会話が弾んで、初対面とは思えない親密性を体験していただきました。

 全て、会話で起こせるのです。これを、お店で、スタッフにお客様に、身近でご家族にお子さんに、友人に。自分を変えるにはコツがあります。2時間の講座でしたが、ぎっしりエキスを皆様に手にしていただきたくおこないました。

d0027507_0401530.jpg 反響が高く、接客にいかせる!とのお声、ご要望に、次回は1日研修でしっかりお伝えできる講座も企画しています。人間とかかわるお仕事の皆様にご活用しがいのある内容です。ご興味がある方はメールでお問い合わせくださいませ。
お会いできましたことに、心から感謝を込めて。
[PR]

by kireijuku | 2006-06-02 00:51 | 実施セミナーレポート2006

未来への挑戦「カラーカウンセリング&会話心理学」   

 4月16日、大田区で女性対象の講座をおこなわせていただきました。当日は155名という人数の嬉しいご参加を得ました。ご多忙な日曜日に本当にありがとうございました。d0027507_14354247.jpg
 自由な心で描いていただくアートセラピーでは、驚くほど「今、自分が枠を広げていきたいのはココ!」という読み解きができます。何名かその場でカラーカウンセリングさせていただいたところ、本当に”当たってる!”と驚かれる連続で、これは占いとは違って私が当ててるのではなく、ご自分の深層心理から湧き出てくる意識が色に反映されますので、私は解説役をさせていただくわけです。約1時間半、夢を抱いて自分の可能性が心のレベルから湧き上がることを意図してのワーク、アートセラピー、終了後も何十人もさらに聞きたいという皆様が列を作ってくださり、ありがたい出会いとなりました。心を尽くして一人一人解説させていただきました。
 d0027507_14365724.jpg
 また、自著「人間関係が楽になる会話心理学」にも一部書いています”会話のしくみ”を知っていただき、自分の会話のクセがいかに相手に影響を及ぼし、自分の未来を制限したり、欲しい未来になることをとめているか、翻って、だとしたら自分の会話をどのようにシフトすると可能性が開くのか、テクニックでは身につかないこのことを、心のレベルで深層心理からシフトすることを講座では話させていただき体験的に知っていただいています。
 明日からバリ島に行きますが、研修プラス親友と会話するプラス今後の構想の仕上げが目的です。ASAカウンセリング研究所を開設し2年半、様々な分野で本当に様々な企画を開催させていただき挑戦・体験・推敲してまいりました。電通、こどもの城、デイケアセンター、ヤングジョブスポット、再就職支援会社、キャリアコンサルタント協会、六本木ヒルズアーテリジェントスクール・・・、どこでもどなたにも「もっと可能性があるのにもったいないよ!!」という切なる思いで胸がいっぱいでした。
 d0027507_14411950.jpg私は30歳前後から3年、回復期も入れると6~7年ほどウツ的な心の状態がありました。今でもそういう傾向の私です。ただ大きく違うのは、うつ状態の時は、そういう私が大嫌いでダメな人間だと思っていたのが、今、ぼちぼち生きている私は偉くもなんともないのですが、こういうところがある私が好きだしいいんじゃないのかなぁ~と思うのです。この心の持ちようの1点が、そして簡単なようで難しく、人はなかなかわかってくれません。
 ここをシフトできる自分になること、ここをシフトさせて差し上げるきっかけの会話ができること、この1点の力をつけることだと思っています。その力を、ご自分につけていただくこと、相手のためにきっかけ会話ができるカウンセラーになる、これが私の仕事であり生きていく目的です。それがベースになれば、人は自分で限りない可能性の扉を開いていきます。本に書いたことも、講座などで言うことで、言わないけれどカラーセラピーで、ワークで、「人間には可能性がある!あきらめることはない!これからだ!」と。
 講座を提供して2年半たち、ご本人はそのときは気づかなかった場合もありますが、結果が出てご報告が来て、嬉しい人生の変化を最近多く伺います。深層心理に意図した未来への夢がそろそろ実現され始めています。思いもかけないタイプと結婚することになり相性がぴったりだった、試験に合格した、希望の就職ができた、再就職が決まった、親ととても仲がいい、天職がみつかりステップアップした、目標の月収になっていた、女性に囲まれた仕事についている、個展を開催した、カウンセラーになった、カウンセラーの学校に入学した・・・など。
 苦しんで自分が変わるのではなく、シュッ!と自分の意識の変化が起きること、恐れがスッと消えること、怒りが感謝に変わること、許すことが愛につながること、私たちは未来のために生きることが待っています。
 そのきっかけになる会話をすること、に私はとてもしつこく、粘り強く、迫りたいのです。

 今年の下半期より、ご興味のある方やお仕事に取り入れたい方に、色を読み解いてカラーカウンセリングできるようになる私の長年のカウンセリング&カラーセラピー体験をもとにした見立て極意メソッドをお知らせしていきたいと思っています。
 多くの方が、人間関係をもっと円滑に楽しくするために、自分と相手を知ることのできる「カラーカウンセリング」を、日常でもお仕事でもご活用いただけたら本当に幸せです。
 カウンセリングは会話力にとても力を発揮できますので、色を入り口にしたお客様とのトークや、相手のお気持ちを楽にして差し上げる会話で、多くの方々に貢献している皆様のお役に立てたら幸いです。
 5月26日18:30~20:30「青山こどもの城」研修室(受講料¥2,000)で、今回は特に、美容業界・介護業界の方々からのご要望で、以上のようなことを体験していただく講座をおこないます。接客業の方、お子さんとかかわる皆様、どのようなお立場の方も、ご活用いただける皆様のご参加を心よりお待ちしています。 明日から、26日までバリ島です。南西からのご招待と思っています。

※5月26日のセミナーについてのお申し込み・お問い合わせは下記までお願いいたします  ◆株式会社 日本医学出版 ヘルスケアアカデミー研究所
    http://www.jmps.co.jp/color.htm
[PR]

by kireijuku | 2006-04-19 11:33 | 実施セミナーレポート2006

「ふるさとウォーク」IN金沢   

       金沢「会話心理学&カラーセラピー」ワークショップ
 
 H18年2月18日(土)pm3:30~5:30、石川県庁近くのお洒落なマクロビオテック料理のビューティレストラン「祥琴」さんを貸し切らせていただいて、金沢初めての講座をおこなってきました。
 40名という大人数になり感謝と感動があふれた2時間でした。発起人は私の講座「センセーションカラーセラピスト養成講座」「会話心理学・基礎講座」を卒業された鳥本桂さん。石川県庁から1年間電通への派遣研修生として東京に来られていた時に学ばれた出会いです。桂さんは昨年地元に戻り、忙しい毎日の中で企画され、友人にお声をかけていただいて実現しました。
 d0027507_653671.jpg今回、講座で初対面の方同士がいつもとはちょっと違う、よそよそしさを外した会話を楽しんでいただき、開始して30分後のケーキタイムには皆さんがワイワイ自分のことを話し、相手のことを聞く、という、「聞き上手」を意図して会話した結果のとても素敵なエネルギーが充満しました。
 お店のランチも、ケーキも体にいい食材でおいしくて、女性も男性も時代の最先端を行く方々がさすが見逃さないお店。ここでおこなわせて頂いたのも偶然ではなく、私も会話の最先端をわかりやすく使えるように切り開いてきたからだわ!という自負が起こり、嬉しい~!と思ったのでした。 
 今、人がこの日このときこの場で楽しんでまっさらで会話して欲しいのです。いつも、私たちはこういうのが苦手だからとか、うまく話せなくてどうしようとか、たいした人間じゃないと思われるかもとか、ああだこうだという過去からの会話が今を汚染して、今の行動を支配します。この呪縛は一人一人過去が違うように異なり、今、どんな風に生きても自由なのに、そうさせない自分の中での会話が起こります。その呪縛を一人一人ゆるめてワクを広げていくことが、私の講座の目的です。もっと言えば私の生きる目的です。
 私は15年ほど前、色々な挫折や価値観の変化から、どうやって生きていったらいいのか全くわからなくなり自信がなくなってしまい、うつ状態になりその後の何年も人に対して自由に思ったことを言えない時代をすごしました。食事さえも何が食べたいか言えなくて、馬鹿じゃないのと言われたこともありますが、食べたいものを選ぶこともしてはいけないくらい自分には価値がないと思っていました。ましてや、自分の意見など何の役に立たないと思い、自分の意志を言う許可を自分が止めていました。
 様々なカウンセリングの学びや体験を通して、今の会話が過去の自分に起きたことからの選択で決められているなら、未来はないじゃないか!と思い至りました。過去がもっと悲惨な方だったらもっと未来はなくなります。私たちが過去から支配された会話をやめて、今を味わって、なりたい未来のための会話をし始めた時、自分以外の方々にも素晴らしい未来がある!!という証明をしたことになります。
 自分勝手ではなく、自分の過去の悲哀や苦しみはあるものの、慈愛をもって過去を抱きしめ、未来の会話をし始める勇気が必要です。つい過去からくる慣れ親しんだ会話とせめぎあいますが、自分のためだけではない、大げさかもしれませんが、人類のために、私たちは一人一人が過去からの会話に区別する人生を始める時だと思います。
d0027507_67296.jpg

 カラーセラピーでは「過去・現在・未来」の深層心理が見えてきます。色の意味からセルフセラピーしていただき、ご自分の日常をちょっと止まって、わかりやすく向き合い、自分の可能性や自分の軌道修正のための気づきを得ていただきました。
 勇気を持って、自分を開いて会話し、目の前にいる人間も全く自分と同じ、孤独に寂しさを覚え、人に好かれたいと望み、もっと人間関係をよくしたいと思っている、全く自分と同じ1人の人間だという発見とともに。
 
 「人間関係が楽になる会話心理学」(日本医学出版)の冒頭に”ふるさとウォークで過去を完了”のところで書かせていただきましたが、自分のふるさとを歩いて自分の中の過去に詰まった思いを完了し、色々あったけれどそれはそれとして置いておけたら、ピリオド・完了だけです。
慈愛と育まれた土地への感謝が自分を未来に送り出してくれます。
 今回、金沢で講座をおこない、金沢の脈々と連なる歴史や環境が金沢で育った方々に素晴らしい力と影響を与えていないわけがなく、色々個人的にはあったけれど、その偉大な故郷パワーを未来の財産にしていただきたい、と帰りの電車で、金沢に恋をしてしまった私は思ったのでした。金沢の景色、金沢の多くの皆様に出会え、本当にありがとうございました。d0027507_664274.jpg
 次回は、心のふるさとウォークも体験していただき、未来をつくる会話を具体的にを手にしていただけたらと思います。
 金沢からご招待をいただき、本当にありがとうございました。鳥本桂さん、修さん、お父様、本当にありがとうございました。40名の皆様、ご参加は偶然ではなく、ちょうど転機の時期に意志を持って次のステージに行きたいという方々がお集まりくださり、カラーと会話心理学が後押しさせていただけましたら、とても嬉しく幸せです。人生のかけがえのない時間に、会えて会話をさせていただけましたことに、心より感謝を込めて。ASAKO



 
 
[PR]

by kireijuku | 2006-02-20 16:13 | 実施セミナーレポート2006